崇明島1日観光クルーズ船 楊浦区を出発、黄浦江を北上

上海浦江遊覧集団有限公司によると、楊浦区の「秦皇島碼頭」と崇明区崇明島を結ぶ1日観光クルーズ船が、5月21日(火)に試営業を開始することがわかった。

同コースは「秦皇島碼頭」を出航。黄浦江を北上して長江に出た後、出発から3時間半ほどで崇明島に到着する。その後は観光バスで移動し、地元料理を楽しむほか、季節ごとにテーマを設けた観光を用意し、5~6月は200ヘクタールのラベンダー・クマツヅラ畑が鑑賞できると言う。

試営業中は毎週土曜日の1便のみ運航し、往路は8時発で復路は17時着。価格は1人398元で、朝食も提供する。

~上海ジャピオン2019年5月10日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP