奉賢区博物館がオープン 雍正帝の展覧会を無料開催

上海市奉賢区にある「上海市奉賢区博物館」が、5月16日(木)に開館。同日から8月16日(金)まで清代の雍正帝をテーマにした「雍正故宮文物大展」を開催することがわかった。

同展は入場無料で、北京市の故宮博物院や台北市の台北故宮博物院から、120点余りの国宝品を展示。同展初公開の物品も含まれ、雍正帝の仕事や生活の様子を紹介する。同館は期間中、混雑が予想されるため、来館者は同館ホームページや微信公式アカウントから事前に予約することを推奨している。

ほか、上海市観光局は5月19日(日)の「第10回中国旅行デー」に際し、同日、浦東新区にある「野生動物園」や「上海科技館」、「東方明珠塔」など市内70カ所の観光地・博物館の入場料を半額にすると発表。今年の旅行デーは休日に当たるため、例年より混雑すると予想している。

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2019年5月17日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「打鸡血(da3ji1xue3)」は、ネット用語で「(人、物事に対して)…
  2. 子連れでヘアカットすでに気温30度を超える日もあり、まもなく夏本番という上…
  3. 復興中路を西進奥さんお困りですか? 新天地で買い物や食事を楽しんでから、ミュージカル…
  4. ~上海ジャピオン2019年6月21日発行号…
  5. 上海市第一中級人民法院は6月11日(火)、上海市出身の女優・馬伊琍の肖像権を侵害したとして、市内のメ…
PAGE TOP