ネコが積荷に紛れ出国 伊・ミラノで保護

イタリア・ミラノの税関局で最近、中国からの積荷に紛れ込んでいたネコが保護され、話題となっている。

このネコは生後8カ月ほどで、中国からイタリアまで海運された45日間を、ほぼ飲まず食わずで過ごしてきたと推測されている。現在は、イタリア語で中国を意味する〝チーナ〟と名付けられ、ミラノ近くの収容所で保護されている。現地の獣医によると、チーナは野良ネコのため、ミラノで暮らすには検査などでさらに1カ月半ほどを要すると言う。

このニュースが報道された後、チーナを飼いたいと名乗り出る人が殺到しているが、飼い主はまだ決まっていない。

~上海ジャピオン2019年5月17日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP