ネコが積荷に紛れ出国 伊・ミラノで保護

イタリア・ミラノの税関局で最近、中国からの積荷に紛れ込んでいたネコが保護され、話題となっている。

このネコは生後8カ月ほどで、中国からイタリアまで海運された45日間を、ほぼ飲まず食わずで過ごしてきたと推測されている。現在は、イタリア語で中国を意味する〝チーナ〟と名付けられ、ミラノ近くの収容所で保護されている。現地の獣医によると、チーナは野良ネコのため、ミラノで暮らすには検査などでさらに1カ月半ほどを要すると言う。

このニュースが報道された後、チーナを飼いたいと名乗り出る人が殺到しているが、飼い主はまだ決まっていない。

~上海ジャピオン2019年5月17日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「打鸡血(da3ji1xue3)」は、ネット用語で「(人、物事に対して)…
  2. 子連れでヘアカットすでに気温30度を超える日もあり、まもなく夏本番という上…
  3. 復興中路を西進奥さんお困りですか? 新天地で買い物や食事を楽しんでから、ミュージカル…
  4. ~上海ジャピオン2019年6月21日発行号…
  5. 上海市第一中級人民法院は6月11日(火)、上海市出身の女優・馬伊琍の肖像権を侵害したとして、市内のメ…
PAGE TOP