18年の小学生殺害事件公判 被告の男に一審死刑判決

上海市第一中級人民法院は、昨年6月に徐匯区の「上海市世界外国語小学 浦北路校」近くで発生した、児童と保護者4人の殺傷事件の初公判を最近実施。被告の男に対し、一審判決で死刑を言い渡した。

被告は当時、同校から約130㍍離れた路上で男子児童3人と保護者の女性1人を切り付け、児童2人が死亡、女性と男児に軽傷を負わせた。警察の調べで、事件前に被告が市や広東省広州市の幼稚園や小学校を撮影し、犯行場所を決めていたことが判明。また、犯行当日の6月28日(木)は、犯行の4時間前である7時頃から、ナイフを携帯して児童を待ちぶせていた。被告は、仕事が見つからず社会への報復として凶行に及んだと話している。

男は精神疾患が認められたものの、犯行が計画的かつ残忍で社会に深刻な影響をもたらしたとして、同判決に至った。

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2019年5月31日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP