18年の小学生殺害事件公判 被告の男に一審死刑判決

上海市第一中級人民法院は、昨年6月に徐匯区の「上海市世界外国語小学 浦北路校」近くで発生した、児童と保護者4人の殺傷事件の初公判を最近実施。被告の男に対し、一審判決で死刑を言い渡した。

被告は当時、同校から約130㍍離れた路上で男子児童3人と保護者の女性1人を切り付け、児童2人が死亡、女性と男児に軽傷を負わせた。警察の調べで、事件前に被告が市や広東省広州市の幼稚園や小学校を撮影し、犯行場所を決めていたことが判明。また、犯行当日の6月28日(木)は、犯行の4時間前である7時頃から、ナイフを携帯して児童を待ちぶせていた。被告は、仕事が見つからず社会への報復として凶行に及んだと話している。

男は精神疾患が認められたものの、犯行が計画的かつ残忍で社会に深刻な影響をもたらしたとして、同判決に至った。

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2019年5月31日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「打鸡血(da3ji1xue3)」は、ネット用語で「(人、物事に対して)…
  2. 子連れでヘアカットすでに気温30度を超える日もあり、まもなく夏本番という上…
  3. 復興中路を西進奥さんお困りですか? 新天地で買い物や食事を楽しんでから、ミュージカル…
  4. ~上海ジャピオン2019年6月21日発行号…
  5. 上海市第一中級人民法院は6月11日(火)、上海市出身の女優・馬伊琍の肖像権を侵害したとして、市内のメ…
PAGE TOP