世界初の真っ白パンダ 四川省で撮影される

四川省臥竜国家級自然保護区管理局は5月25日(土)、世界で初となる、全身真っ白のジャイアントパンダの撮影に成功したことを明らかにした。

この写真は、同区海抜2000㍍付近の森林に設置された赤外線カメラで撮影。全身の体毛が白く、赤い目をしていることから、先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患である、アルビノの個体と見られている。

専門家は、このパンダの年齢を1~2歳と推測。体格がよく、ゆったりと歩いていることから、アルビノは生活に影響していない様子だと話す。同区では引き続きこの個体を観察し、成長やほかのパンダとの関係性を追っていく予定だ。

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2019年5月31日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP