世界初の真っ白パンダ 四川省で撮影される

四川省臥竜国家級自然保護区管理局は5月25日(土)、世界で初となる、全身真っ白のジャイアントパンダの撮影に成功したことを明らかにした。

この写真は、同区海抜2000㍍付近の森林に設置された赤外線カメラで撮影。全身の体毛が白く、赤い目をしていることから、先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患である、アルビノの個体と見られている。

専門家は、このパンダの年齢を1~2歳と推測。体格がよく、ゆったりと歩いていることから、アルビノは生活に影響していない様子だと話す。同区では引き続きこの個体を観察し、成長やほかのパンダとの関係性を追っていく予定だ。

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2019年5月31日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「打鸡血(da3ji1xue3)」は、ネット用語で「(人、物事に対して)…
  2. 子連れでヘアカットすでに気温30度を超える日もあり、まもなく夏本番という上…
  3. 復興中路を西進奥さんお困りですか? 新天地で買い物や食事を楽しんでから、ミュージカル…
  4. ~上海ジャピオン2019年6月21日発行号…
  5. 上海市第一中級人民法院は6月11日(火)、上海市出身の女優・馬伊琍の肖像権を侵害したとして、市内のメ…
PAGE TOP