中国台湾でM6・7の地震 上海の広範囲で揺れを観測

中国台湾の花蓮県海域で4月18日(木)、マグニチュード6・7の地震が発生。上海市地震局は同日、震源地から802㌔離れた市で揺れを観測したと発表した。

この地震により、上海市内の広い地域で高層建築物の揺れが観測された。同局は心配を声にする市民に対し、中国台湾で発生する中・強程度の地震が市に被害をもたらすことはないと説明。中国台湾では、今年に入って震度4以上の地震が計21回発生。直近5年間では近海も含めると計237回に達し、うちマグニチュード4・0~4・9、5・0~5・9の地震がそれぞれ、175回、14回発生している。

~上海ジャピオン2019年4月26日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 湖南省長沙市で最近、ドイツの自動車メーカー「アウディ」のエンブレムをハートマークに改造した女性が、罰…
  2. 上海市浦東新区の「上海海昌海洋公園」で、中国の伝統記念日・七夕に当たる8月7日(水)、アシカの一種・…
  3. 上海市浦東新区に構える「上海ディズニーランド」が規定している飲食物の園内持ち込み禁止に関して、上海華…
  4. ナスの干物に舌鼓オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅して…
  5. アボカド成分で角質オフみ あ、暑い…。着てくる服、間違ったみたいね…。キ…
PAGE TOP