博物館が夜間営業を開始 毎週金曜夜にイベント実施

上海市黄浦区の上海博物館や宝山区の上海琉璃芸術博物館など、市内14カ所の博物館で7月5日(金)、指定の金曜日の営業時間を延長する「夜間営業」を開始したことが近頃わかった。

上海博物館では、12日(金)、26日(金)の営業時間を21時に延長したうえ「中国貨幣史における白銀」など、現在開催中の3つの展覧会の参観が可能に。ほか黄浦区の上海歴史博物館では、9月までの毎週金曜日の営業時間を20時までとし、館内の一部を開放している。夜間営業は一部の博物館において事前予約が必要で、予約はそれぞれの微信公式アカウントで受付。

 

~上海ジャピオン2019年7月5日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. デスクワークで肩凝り梅雨で気温や気圧が安定しないせいか、身体のだるさを感じ…
  2. ガラスの展望台、再びオレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅…
  3. 上海市黄浦区にある映画館「大光明電影院」が7月15日(月)、24時間営業を始めたことがわかった。…
  4. ~上海ジャピオン2019年7月19日発行号…
  5. 記憶力アップの秘訣――どうも最近、物忘れが激しくなってきたような気がします。…
PAGE TOP