徐匯滨江エリアの開発進む 世界的な観光名所を目標に

上海市徐匯区の「西岸芸術センター」で7月10日(水)、同エリア開発についての討論会が開催。その席上で、徐匯滨江エリアの開発計画が明らかになった。

同計画はアメリカの設計事務所がデザインを担当。同エリア、龍騰大道の富谷路―雲錦路の区間約2㌔をリニューアルし、仏・パリや英・ロンドンの川辺と並ぶような観光名所にすることを目的としている。現在は、川の流れと地の流動性・連続性をテーマとするか、上海市の港文化をテーマとするかを討論中だという。

ほか、同区で建設中の「徐家匯センター」は最近、地下部分の基礎工事が完了。同施設は地下6階建てを予定し、基礎部分は深さ37・2㍍に到達、市の建物では一番の深さとなった。同センターは2023年までの完成を目指しており、竣工後は高さ370㍍で、高さ320㍍の「白玉蘭広場」を抜いて、浦西エリアでは最も高い建物となる。

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2019年7月19日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 湖南省長沙市で最近、ドイツの自動車メーカー「アウディ」のエンブレムをハートマークに改造した女性が、罰…
  2. 上海市浦東新区の「上海海昌海洋公園」で、中国の伝統記念日・七夕に当たる8月7日(水)、アシカの一種・…
  3. 上海市浦東新区に構える「上海ディズニーランド」が規定している飲食物の園内持ち込み禁止に関して、上海華…
  4. ナスの干物に舌鼓オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅して…
  5. アボカド成分で角質オフみ あ、暑い…。着てくる服、間違ったみたいね…。キ…
PAGE TOP