認知症患者12万人 無料診断を毎週実施

 上海市精神衛生センターは11月25日(水)、市の老人性認知症患者が約12万人に上ることを発表した。
また、このうち専門機関で受診した人は、3割に満たないことも明らかになった。
 現在中国では、老人性認知症患者は約1000万人に及び、市では、記憶障害に関する小冊子を、
各コミュニティの高齢者を対象に配布するなど、認知症の周知に努めている。
 また同センターでは、毎週土曜日午後、認知症などに関する無料診断も受け付ける。
(11月26日)

~上海ジャピオン12月4日号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年10月11日発行号…
  2. 上海市静安区のサーカス場「上海馬戯城」が10月1日(火)、リニューアルオープンしたことがわかった。…
  3. 説明しよう!「咸猪手(xian2zhu1shou3)」は「(異性に対する性的な)痴漢…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月11日発行号…
  5. 上海市に本社を構える「中国東方航空集団有限公司」は、9月30日(月)~10月7日(月)における航空便…
PAGE TOP