配達員が受取人を殺人未遂 クレームで逆上、刃物で襲う

上海市普陀区人民検察院は8月22日(木)、荷物受取人の男性に包丁を振り下ろして軽傷を負わせたとして、配達員の男を故意殺人罪で起訴した。

調べによると、容疑者の男は複数回に渡り、郵便物を部屋まで届けず、同意なしに宅配ロッカーに預け入れた。受取人の男性からクレームを受けた配送会社は男に対し、男性に謝罪するよう要求。これを恨みに思った男は5月20日(月)、男性を彼の居住区入り口に呼び出し、持参した包丁で男性の頭部や頸部を切り付けたという。男性は頭部の皮下血腫や10㌢以上にもなる切り傷などのケガを負った。

同検察院は、男が最初から男性の頭部を狙って包丁を振り下ろしたこと、そして逃げ回る男性を執拗に追いかけて再度切り付けたことから、男に明確な殺意があると認定。男を、故意殺人罪で起訴した。

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2019年8月30日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP