上海各地の小中学校で新学期 幼稚園34カ所含む53カ所新設

上海市の各小中学校で9月2日(月)、新学期を迎えた。市教育委員会によると今年、53カ所の幼稚園・小中学校が新設されたことがわかった。

開校した53カ所のうち34カ所が幼稚園で、全体の64・15%を占めた。ほか10カ所が小学校、5カ所が中学校、4カ所が小中一貫校。また17カ所が浦東新区にあり、同区の学校数は677カ校で、市全体の約4分の1に当たる。同日開校した明珠臨港小学校では、175人の新入生と、120人の2年生を迎えた。3Dプリンターやロボットなどがあるクリエイティブ実験室を備えるという。

ほか、同教育委員会らは最近、小中学生の視力低下に関する予防案を発表。2018年における市の6~15歳児の近視率は56・6%で、中学生に限ると77・2%に上る。そのため市では、30年までに中学生の近視率を60%以下にするなどの具体的目標を掲げた。

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2019年9月6日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年11月15日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年11月15日発行号…
  3. 説明しよう!「吃白飯(chi1bai2fan4)」は「タダ飯を食う、居候する」や「無…
  4. 配車サービスを運営する「滴滴出行」の相乗りサービス「順風車」が11月20日(水)、北京市や江蘇省常州…
  5. ウイスキーバーが開店多くの日本人出張者が滞在する「上海虹橋錦江大酒店」に1…
PAGE TOP