外資系小売業の売上好調 世界に先駆け様々な取り組み

上海市統計局は、今年1月~7月の市における小売店舗の総売上額が7705億元で、昨年比7・8%増だったと最近発表。中でも外資系企業122社の売上が昨年比9%増と好調であることがわかった。

日本のコンビニエンスストアチェーン「ファミリーマート」上海タワー旗艦店では今年、日本本部に先駆けセルフレジを8台設置。混雑が解消され、来客数が20%ほど上がったという。ほか「ローソン」は今年5月、コンビニ業界で初となる、日本のキャラクター「ハローキティ」とのコラボ店を軌道交通「南京東路」駅近くにオープン。若い顧客を取り込むことに成功している。

一方、8月27日(火)にオープンした会員制大型倉庫店「COSTCO」が同日、顧客が殺到したため、入場制限を行ったことがわかった。同店会員数はすでに10万人を突破している。

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2019年9月6日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP