上海秋の風物詩・上海蟹 中秋節の出荷量は3割増

中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より3割程度増えることがわかった。

市で食べられる上海蟹は、江蘇省蘇州市陽澄湖のものが有名。しかし上海蟹は、9月末から11月中旬に掛けて最も成長するため、同湖では中秋節明けから本格的に水揚げされるという。なお同省興化市や泰州市ではすでに、上海蟹の水揚げが始まっている。

中秋節前に市場に出回っている上海蟹は100㌘に満たない小ぶりが多いものの、1匹50㌘で10元、100㌘で20元程度の価格で販売されている。

 

~上海ジャピオン2019年9月13日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年10月11日発行号…
  2. 上海市静安区のサーカス場「上海馬戯城」が10月1日(火)、リニューアルオープンしたことがわかった。…
  3. 説明しよう!「咸猪手(xian2zhu1shou3)」は「(異性に対する性的な)痴漢…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月11日発行号…
  5. 上海市に本社を構える「中国東方航空集団有限公司」は、9月30日(月)~10月7日(月)における航空便…
PAGE TOP