中国キラキラネーム 難読字に教師が苦戦

浙江省杭州市のある小学校教師が最近、新1年生の名簿を公開。半数の名前に難読字が使われていることが、ネット上で話題となっている。

名簿には「程毳」や「呉轟」などの難読字のほか、「劉小霊童」や「程門立雪」といった四文字の名前もあり、教師は辞書を片手に読み方を書き加えるなど、対応に追われているという。上海市の教師は近年の名付けトレンドについて、ドラマなどの影響から、古代宮廷人や書家風の名前が人気と紹介。各保護者が周りに負けまいと、特別な名前を付ける傾向にあると話す。ただし、子どもが自分で名前を書く時に苦労すること、誤読が多いことから、難読字は慎重に使用すべきと指摘する。

~上海ジャピオン2019年9月13日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年10月11日発行号…
  2. 上海市静安区のサーカス場「上海馬戯城」が10月1日(火)、リニューアルオープンしたことがわかった。…
  3. 説明しよう!「咸猪手(xian2zhu1shou3)」は「(異性に対する性的な)痴漢…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月11日発行号…
  5. 上海市に本社を構える「中国東方航空集団有限公司」は、9月30日(月)~10月7日(月)における航空便…
PAGE TOP