アリババの馬雲が会長引退 退任後は教育分野に注力へ

浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創業20周年を迎えた今年9月10日(火)に、同会長職を退いたことがわかった。

同社によると、会長職は張勇CEOが引き継ぐ。馬氏は、2020年度株主総会まで取締役会の役員としてグループに残り、その後は〝アリババ永久パートナー〟になる。なお同氏の会長職退任は、18年9月10日(月)に公表されていた。

同氏は1964年9月10日生まれで、99年に「阿里巴巴集団」を創業。9月10日は同氏の誕生日であると同時に、中国の「教師の日」で、馬氏が同社創業前に英語及び国際貿易の教師を務めていたこともあり、会長職を退いた後は教育界に戻ると話している。

同社は、電子決済アプリ「支付宝」やネットショップ「淘宝」、「天猫」などを運営している。

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2019年9月20日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年10月11日発行号…
  2. 上海市静安区のサーカス場「上海馬戯城」が10月1日(火)、リニューアルオープンしたことがわかった。…
  3. 説明しよう!「咸猪手(xian2zhu1shou3)」は「(異性に対する性的な)痴漢…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月11日発行号…
  5. 上海市に本社を構える「中国東方航空集団有限公司」は、9月30日(月)~10月7日(月)における航空便…
PAGE TOP