滴滴相乗りサービスが再開へ 女性の夜間利用制限で物議

配車サービスを運営する「滴滴出行」の相乗りサービス「順風車」が11月20日(水)、北京市や江蘇省常州市、黒竜江省ハルビン市など全国7都市でサービス提供を試験的に再開することが最近わかった。

2018年にこのサービスを利用した20歳女性が運転手に殺害されたことで、同社はサービスを中止していた。今回の試験運行では安全上の問題から、女性の利用が5時~20時に制限されるため、ネットでは「これは女性に対する差別では?」との声が上がっている。同社は、試運行期間のフィードバックをもとに、正式なサービスの運営方法を作り上げると述べた。

~上海ジャピオン2019年11月15日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP