月餅を贈らない中秋節 形式にとらわれない新習慣

 中秋節の習慣である月餅の贈呈が、逆に老人を煩わせているとして、月餅以外の方法で老人への感謝の気持ちを示す動きが、上海市内で現れている。
 中秋節に、家族や世話になった人への感謝の気持ちを込めて月餅を贈るのは、中国の伝統的な習慣。だが、一部の老人にとっては、毎年贈られる、食べきれないほど大量の月餅が悩みの種となっていた。そこで最近現れているのが、月餅ではなく、観光旅行へ連れ出す、記念写真を撮影する、自家製の料理をふるまうなど、他の方法で感謝を示すというもの。
 高齢者問題を研究する専門家は、「形式にとらわれない方法は、礼節を軽んじていると見る向きもある。しかし、心を込めて準備した贈り物なら、それがよりお年寄りを喜ばせることにもなっている」と話し、こうした新しい動きを歓迎している。
(10月6日)

~上海ジャピオン10月13日発行号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP