過半数が大型連休を支持 国民意識調査で明らかに

 零点研究諮詢グループが実施した連休に関する調査から、都市住人の過半数が、休日を7日間連続させる大型連休システムを支持しているとの結果が出た。
 同調査は、中国国内の主要都市6カ所と農村部6地区を対象に行われ、休日を連続させた大型連休システムと、複数に分割させた小型連休システムのうち、どちらを支持するかを聞いた。
 このうち、都市部では過半数に上る54・2%が、大型連休システムを支持した。その主な理由としては、旅行や帰省に都合がいいことがあげられた。これに対し、農村部では50%が「どちらでもいい」と答えており、都市部と農村部での、連休のとり方に対する意識の違いも明らかになった。

(10月1日)

~上海ジャピオン10月13日発行号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年11月15日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年11月15日発行号…
  3. 説明しよう!「吃白飯(chi1bai2fan4)」は「タダ飯を食う、居候する」や「無…
  4. 配車サービスを運営する「滴滴出行」の相乗りサービス「順風車」が11月20日(水)、北京市や江蘇省常州…
  5. ウイスキーバーが開店多くの日本人出張者が滞在する「上海虹橋錦江大酒店」に1…
PAGE TOP