豚肉違法販売に実刑 販売肉からは病原菌も

 裁判所は、豚肉を違法販売した業者4人に対し、懲役1年3カ月、罰金1万6千元などの実刑判決を言い渡した。
 4人は、昨年6月ころより、養豚場から死因不明の豚などを正規の手続きを経ずに買い付け、ひき肉などに加工して、野菜市場内の店舗で販売していた。豚肉はいずれも、本来義務付けられている獣医の衛生検査を受けずに販売されていた。
 その後、上海市獣医疾病診断センターが行った検査から、豚肉には病原性のレンサ球菌が含まれていることが明らかになった。同病原菌は人に感染する恐れもあり、今回の事件が市場に多大な経済損失を与えることも懸念されている。
 裁判所は今回の事件に対し、食品の衛生は市民にとっても深刻な問題となるもので、彼らの行動は許されるものではないとした。
(10月14日)

~上海ジャピオン10月20日発行号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年11月15日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年11月15日発行号…
  3. 説明しよう!「吃白飯(chi1bai2fan4)」は「タダ飯を食う、居候する」や「無…
  4. 配車サービスを運営する「滴滴出行」の相乗りサービス「順風車」が11月20日(水)、北京市や江蘇省常州…
  5. ウイスキーバーが開店多くの日本人出張者が滞在する「上海虹橋錦江大酒店」に1…
PAGE TOP