上海の旅行・ホテル 記事

食道をゆく 第44回 鍋巴

voice1751

グオバ
鍋巴
~江蘇省南京市~

voice2708

海鮮餡と相性ばっちりの鍋巴

居眠り小坊主、大失敗
けがの功名で生まれた美食

 「鍋巴」は、いわゆる「中華おこげ」のこと。
油で揚げ、海鮮餡や五目餡などをかけて食べる。
餡をかけた時の「ジュワ~!」という音が、何とも食欲をそそる一品だ。
炊いたご飯を一度乾かして揚げるという手の込んだ作り方だが、
その誕生由来には、何とも間の抜けたエピソードが隠されていた――。

2e2978fe5a4abe5ad90e5bb9f

小坊主が露天を出したと言われる夫子廟(ふうしびょう)。夜にはライトアップされ、観光名所としても有名

 今から1000年ほど遡ると、中国は宋の時代。
この頃、南京の城外にはある寺院があった。
寺では毎日、和尚が小坊主たちと精進料理を作っていたのだが、
当時の和尚たちの生活は質素を極めており、食事は毎食お粥だった。
 ある春の日、昼飯用の粥を煮る担当だった小坊主は、
薪に火をつけたあと、かまどにもたれてうたた寝してしまった。
そこへ畑仕事や読経をしていた和尚たちが戻ってきて、
いざ鍋のふたを開けると、そこにあったのは水分の抜け切ったご飯。
碗によそっても1人分にも満たないほど少ない上、鍋底にはお焦げがびっしりついていた。
それを見た和尚はひどく怒り、小坊主の昼飯を抜きにした。
 腹を空かせた小坊主が、みんなが食べ終わってから鍋を覗くと、残っているのはお焦げだけ。
しかし小坊主は、空腹に負けて一口食べてみた。
すると予想に反して大層美味しく、小坊主は夢中でむさぼり食った。
 その後、小坊主は僧籍を離れ、南京夫子廟の前でお焦げの露天を出すと、瞬く間に人気を呼んだ。
明清時代には、全国各地の寺院でも、精進料理として食べられるようになったという。
 うっかりではなく意図的に作られたお焦げの味を、一度本場で味わってみよう。

voice4472

【アクセス】
①上海浦東空港から空路にて南京禄口空港まで、約40分。1日1便
②上海駅から南京駅まで、新幹線(動車組)で約2時間半、硬座93元~

?

~上海ジャピオン10月29日号より

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。