民族訪ねて三千里~メンパ族(門巴族)

穀物が実る広大な原野
巧みな技術で作る木の碗
メンパ族の「メンパ(門巴)」とは
〝モンの人〟を意味し、
彼らはかつて、
チベット自治区門隅(モンユル)地区に
居住する民族であった。
農耕生活が主で、
小麦や米など穀物のほか、
「オニノヤガラ」や
「コウキ」といった漢方材料の栽培も盛んだ。
また、
森林資源が豊富な山地に住む彼らは、
碗やスプーンなど、
木製食器の製作が巧みな民族としても知られ、
桐やクワの木を材料にして作った碗は、
形が変わりにくく丈夫で、
色褪せない美しい工芸品の1つとされている。
中でも門隅地区は
〝木碗之郷〟の別名を持つ。
また、彼らの木製食器にまつわる、
次のような言い伝えがある。

1. 女性は「プル」と呼ばれる
赤色の長衣を身に纏うのが一般的
2. 伝統工芸品の木碗。杢(もく)が
入った木の瘤の部分を材料に使うことが多い
3. 彼らの代表的な食糧の1つ「鶏爪穀」。
穂が鶏の爪に似ていることから、
こう呼ばれる

「かつて、チベットに住む民たちは
土の碗を使っていた。
ある日、
メンパ族の木こりが山で木を切って、
食事をしていた時、
不注意にも持っていた土の碗を壊してしまった。
焦った木こりは
咄嗟に木で碗を作ることを閃き、
切った木を削ったり彫ったりして、
碗を作った。
その後、
木で作った碗が軽くて壊れにくいことが、
メンパ族の村中に広がり、
やがては木の勺や箸も登場し、
彼らの生活に欠かせないものとなった」
木の選別や成形、研磨など、
完成まで
少なくとも4つ以上の工程を経て作る同工芸品は、
ハダカムギを使って作る主食の
「糌粑(ツァンパ)」用の皿や、
バターで作った「酥油茶(ジャ)」用の杯など、
用途も様々。
毎年旧暦6月になると、
収穫を願う新年祭「曲科節」が催され、
そこで出される料理には、
必ずこの木製食器が使われる。
自然豊かなこの地で、
心地良い木の香りが漂う食器を手に取り、
古より続く伝統の風合いをしっかりと味わいたい。

~上海ジャピオン2012年7月13日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP