水滸巡礼~108の足跡~楊志(ようし)

-418suiko-v1

-418suiko-v2

悲運に生きた英傑
楊志(ようし)
ゆかりの地 江蘇省鎮江市丹陽
あだ名 青面獣
職業 騎兵軍八驃騎兼先鋒使
宿星 天暗星

河南省開封市出身。
北宋初期の英雄、
楊業(ようぎょう)の子孫で、
若くして、武官登用試験である
武挙(ぶきょ)に合格した精鋭であった。
最初は政府に仕えていたが、
度重なる不運で朝廷を離れ、
魯智深(ろちしん)らとともに入山する。
最期は方臘の戦いの最中に病死。

青痣をもつ悲しき勇将
転落人生の行く末は
楊志は、もと東京開封府(現河南省開封市)
近衛軍隊長。
武芸百般に通じ、
腕は梁山泊随一の武人、
林冲に勝るとも劣らない。
顔に青い痣があったことから、
「青面獣」と呼ばれた。

-418suiko-v3

焦山。鎮江市北東部に位置する。
金山、北固山と併せて、〝京口三山〟と呼ばれ、
焦山のみ周りが水に囲まれている

ある日楊志は、
政府から託された、
花石綱なる財宝運搬の任に失敗し、
罷免された。
復職のため、全財産を使って
役人に取り成しを頼んだが、
採用されず無一文に陥る。
仕方なく、家宝の刀を売ることにした彼は、
街で刀の演武をし、その威力を見せた。
しかしそこに、
ならず者の牛二(ぎゅうじ)が刀を奪おうと、
殴りかかって来た。
楊志は牛二を斬り捨てると、
今度は殺人罪に問われ、懲役を科される。
そんな不運続きの楊志にも、
好機がやってくる。
彼の実力を知る政府役人が、
懲役を取り消し、民兵長の位を与えたのだ。
そして、賄賂である
「生辰綱(せいしんこう)」輸送の護衛を命じる。
楊志は万全の態勢で警護に臨んだが、
またも、何者かに生辰綱を奪われてしまった。
犯人は梁山泊の集団で、
賄賂を奪うため、楊志に痺れ薬を飲ませたのだった。
度重なる失態に、死を覚悟した楊志。
あてどなく彷徨ううち、
後に梁山泊の一員となる魯智深と出会う。
2人は二龍山に籠り、
朝廷に反旗を翻す賊徒と化したが、
後に梁山泊と合流。
その後、楊志は騎馬軍主力として活躍してゆく。

-418suiko-v4

東晋時代(317~420年)に建立された仏教寺院、金山寺。
中国古代の民間小説『白蛇伝』にも登場した

楊志が没した地、江蘇省鎮江市丹陽。
長江デルタに位置する同市には、
90以上の河川が流れ、
古来、交通の要として発展を見せた。
天暗星なる宿星の通り、
非凡な身でありながら不運に見舞われ、
どこか陰影を帯びていた楊志。
かつては「雲陽」とも呼ばれたこの街で、
最後に〝陽光〟を見たのだろうか。

アクセス
①上海浦東国際空港から空路にて
南京禄口国際空港まで、約1時間
②上海虹橋駅から鎮江駅まで高速列車で
約1時間半、2等軟座73元

-418suiko-v5

~上海ジャピオン2013年1月11日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. チョコドリンク専門店武康路で人気を博したチョコレートドリンク店「CHOCO…
  2. じわじわくる痛みに――年々、膝や腰などの関節が、疲れた時やふとした時に痛むよ…
  3. 上海中心気象台によると10月17日(木)~20日(日)に掛けて、市の最高気温は23~24度、最低気温…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月18日発行号…
  5. 上海市では、9月30日(月)~10月6日(日)の国慶節休暇における消費額が、昨年比10・2%増の25…
PAGE TOP