水滸巡礼~108の足跡~金大堅(きんたいけん)

-426suiko-v1

-426suiko-v2

万人が認める匠の技
金大堅(きんたいけん)

ゆかりの地 山東省済寧市
あだ名 玉臂匠
職業 印章製作
宿星 地巧星

山東省済寧市出身。
故郷で彫刻、篆刻の職人として生活していたところを
梁山泊の呉用(ごよう)にその腕を買われ、入山する。
軍の印章や鑑札などの製作を担当したが、
梁山泊が解散した後は朝廷に仕え、
宮中の印章職人として、生涯を終えた。

山塞に導かれた名職人
宋江救出に彫った印章
金大堅は、済州(現山東省済寧市)で、
彫刻や印章製作で生計を立てていた。
その腕前は華北一と言われ、
技術の高さと作品の美しさをたとえて、
「玉臂匠(ぎょくひしょう、女性の美しい腕の意)」と
呼ばれた。

-426suiko-v3

梁山県の梁山風景区。
梁山泊は同県にあったと見られ、聚義庁や断金亭など、
梁山泊さながらの施設が並ぶ

金大堅はある日、書道家の蕭譲(しょうじょう)とともに、
泰安(現山東省泰安市)の道士から彫刻を依頼された。
2人は泰安に向かったが、道中何者かに襲われ、
梁山泊に連れ去られた。
彫刻を依頼した道士の正体は、梁山泊軍師、呉用(ごよう)。
朝廷に謀反の罪で捕らえられた宋江を救うべく、
彼らを山塞に入れたのだった。
宋江は江州(現江西省九江市)で捕まり、
宋の宰相・蔡京(さいけい)の息子、蔡九(さいきゅう)が
牢を守っていた。
呉用は、蔡京の手紙を偽造して宋江を救い出そうと考え、
蕭譲に宋江処刑延期の旨が書かれた手紙を、
金大堅に印章の製作を命じる。
そして金大堅は、見事蔡京の印章と瓜二つのものを作り上げた。
手紙は蔡九のもとに届いたが、呉用の失態で、
蔡京が親族に使う印章と違うものを彫らせてしまったため、
作戦は失敗に終わる。
しかし、結果的に梁山泊軍が乗り込んで宋江を救出。
作戦は成功しなかったものの、金大堅の腕は認められ、
その後、軍の印章や鑑札を製作するなど、
裏舞台で手腕を発揮した。

-426suiko-v4

済寧市曲阜市に位置する孔子廟。
中国3大古建築のひとつで、世界文化遺産にも認定されている

金大堅が生まれた山東省済寧市は、
孔子の故郷としても知られる。
昔から、市中央を京杭大運河が流れていたことで、
物資集散の中心となり、かつては山東で最も、
経済、文化の発展した場所であった。
金大堅の巧みな技術も、
済寧市が生み出したひとつの文化と言えよう。

【アクセス】
①上海虹橋空港から空路にて済寧曲阜空港まで約1時間半
②済南駅から済寧駅まで、快速列車で約2時間40分、硬座28.5元
③上海虹橋駅から曲阜東駅まで、高速列車で約5時間、2等席244元

-426suiko-v5

~上海ジャピオン2013年3月15日号

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. チョコドリンク専門店武康路で人気を博したチョコレートドリンク店「CHOCO…
  2. じわじわくる痛みに――年々、膝や腰などの関節が、疲れた時やふとした時に痛むよ…
  3. 上海中心気象台によると10月17日(木)~20日(日)に掛けて、市の最高気温は23~24度、最低気温…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月18日発行号…
  5. 上海市では、9月30日(月)~10月6日(日)の国慶節休暇における消費額が、昨年比10・2%増の25…
PAGE TOP