水滸巡礼~108の足跡~鄭天寿(ていてんじゅ)

-443suiko-v1

-443suiko-v2

山塞屈指の美男子
鄭天寿(ていてんじゅ)

ゆかりの地 安徽省宣城市
あだ名 白面郎君
職業 歩兵軍将校
宿星 地異星

江蘇省蘇州市出身。地元で銀細工屋を営んでいたが、うまくいかず、放浪に出る。清風山で山賊の王英(おうえい)と出会い、第3頭領として山を取り仕切る。入山後は、歩兵隊に配属され、最期は方臘の戦いの最中、敵軍が投げたひき臼に当たって戦死。

白い肌の山賊第3頭領
王英と互角の一騎討ち

鄭天寿は、かつて山東省の清風山に居を構えた山賊の一員だった。頭領の燕順(えんじゅん)、王英(おうえい)に続いて、第3頭領を務め、色白の美男子であったことから「白面郎君(はくめんろうくん)」のあだ名を持つ。

-443suiko-v3

安徽省広徳県に位置する太極洞。「東南第一の洞窟」と呼ばれる鍾乳洞で、全長5400㍍を誇る

鄭天寿が山賊になったのは、かつて営んでいた銀細工屋が廃れ、諸国を放浪し、清風山を通りがかった際に、王英と出会ったことがきっかけとされる。女好きの王英だが、美男の鄭天寿を女と見間違えたか、鄭天寿に刀を突きつけ、2人は決闘に。少年時代から武芸好きの鄭天寿、山賊で腕を磨いた王英、2人は互角の腕前を見せ、なかなか勝負がつかなかった。王英はそんな鄭天寿の実力を気に入り、仲間に引き込んだ。こうして、山賊稼業をしているうちに、宋江が山に迷い込んでくる。旅人の生き胆を食べる習慣があった彼らは、宋江の生き胆を食べようとしたが、彼が宋江だとわかり、ひれ伏した。そして、宋江に諭された後、鄭天寿を連れて入山することに。

その後は、歩兵軍将校として多くの戦に出る。呼延灼との戦いでは、敵軍をおびき寄せる働きをし、朝廷軍との戦いでは、官軍の水夫に扮して敵船に乗り込み、敵将を捕らえるのに成功。梁山泊には山賊出身の男が数多くいたが、猛々しく描かれたほかの男たちと比べ、鄭天寿は天性の美と繊細さを兼ね備えた好漢として描かれている。

-443suiko-v4

敬亭山。25カ所近くの見所があり、唐の詩人・李白は7度この山を訪れたという

鄭天寿が方臘の戦いで倒れた地、宣州(現安徽省宣城市)。全国でも有数の書道用半紙「宣紙」の発祥地で、多くの書道ファンが訪れる。この地で、無念の死を遂げた鄭天寿も、梁山泊の「替天行道」の字を宣紙に書き、山塞を思ったことだろう。

【アクセス】
上海駅から宣城駅まで、快速列車で約7時間、硬座69元

-443suiko-v5

~上海ジャピオン2013年7月19日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP