上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~裴宣(はいせん)

-455suiko-v1 -455suiko-v2

山塞の軍規取締役
裴宣(はいせん)

ゆかりの地 陝西省西安市
あだ名 鉄面孔目
職業 論功賞罰
宿星 地正星

京兆府(現陝西省西安市)で裁判官を務めていたところ、悪官の策略で島流しにされる。護送中に鄧飛ら飲馬川(現天津市)の山賊に助けられ、彼らの推薦で頭領となった。そして、梁山泊の戴宗と出会ったことが縁で入山。方臘の戦い後は、飲馬川に戻り余生を過ごした。

運命に弄ばれた裁判官
梁山泊の軍規を制定

裴宣は地正星の生まれ変わりで、真面目で清廉な人物。武術に優れ、曲がったことを嫌い、誤りはすぐに正す。長きに渡り、京兆府(現陝西省西安市)の孔目(裁判官)を務め、公明正大な裁判を行っていたことから「鉄面孔目(てつめんこうもく)」のあだ名で呼ばれた。

-455suiko-v3

市中心部より北東約30kmの場所に位置する華清池。絶世の美女、楊貴妃が湯浴みしたことで知られる

ある日裴宣は、彼の実直な人柄を嫌う意地汚い知府(府知事)の策略で無実の罪を着せられ、沙門島(現山東省煙台市長島)へ流刑に処された。しかし護送中、飲馬川(いんばせん、現天津市)を通りかかった時、現地の山賊であった鄧飛(とうひ)と孟康(もうこう)に救い出された。彼らは以前より裴宣の評判を知っており、すぐに彼を頭領に迎える。裴宣も、役所からこんな仕打ちを受けてはもう身を置く場所はないと、勧められるがままその座についた。

またある時、鄧飛が山中で偶然出会った梁山泊の戴宗(たいそう)を連れて来る。裴宣たちは盛大な宴を開き、彼をもてなした。戴宗が酒の席で、梁山泊について話すと、彼らは入山を志願し、戴宗もこれを受け入れた。

入山後、裴宣は過去の経験と人柄を買われ、軍政司(軍規取締役)に任命される。人員名簿の作成や部隊の割り当て、戦いの後には論功行賞の裁量も行った。方臘の戦いでは、的確に兵を配備、軍を勝利に導く。物語では、梁山泊が山賊集団から軍事組織へ転身するのに大きく貢献した人物として描かれている。

-455suiko-v4

兵馬俑。秦代の副葬坑とされ、表情や衣服の異なる7000体以上の武士俑をはじめ、文官、馬車などが配置されている

裴宣が入山前に過ごしたとされる陝西省西安市。唐代は都として長安の名で呼ばれ、日本から遣唐使が訪れた。かつて裴宣が人を裁いたこの古都を、旅してみよう。

【アクセス】
①上海虹橋/浦東空港から空路にて西安咸陽空港まで約2時間半
② 上海駅から西安北駅まで新幹線(動車組)で約11時間。2等席338元

-455suiko-v5

~上海ジャピオン2013年10月18日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。