水滸巡礼~108の足跡~李立(りりつ)

-457suiko-v1

-457suiko-v2

恐怖の追剥居酒屋
李立(りりつ)

ゆかりの地 浙江省杭州市淳安県
あだ名 催命判官
職業 料理店店主
宿星 地奴星

江蘇省九江市出身。地元で居酒屋を経営し、客を殺しては金品を奪っていたが、客としてやって来た宋江との出会いが縁で入山する。山塞では料理店を営み、情報収集を担当。最後は方臘の戦い・杭州戦の最中、青渓県(現浙江省杭州市淳安県)で負傷し、戦死。

地獄へ誘う裁判官
薬で宋江を殺しかける

李立は、江州(現江蘇省九江市)近くの掲陽嶺という土地で、細々と居酒屋を営んでいた。赤い鬚に血走った丸い目という恐ろしい外見をし、客に痺れ薬を飲ませて金品を奪い、さらには殺して人肉マントウを作る人殺し稼業をしていたことから、冥府の裁判官を意味する「催命判官(さいめいはんがん)」のあだ名で呼ばれていた。

-457suiko-v3

新安江は支流に、逆流現象で有名な銭塘江などを有する。安徽省黄山市を源としている

ある時李立の居酒屋に、殺人罪で流罪となった宋江と数人の護送役人がやって来た。李立はそれが誰かを知る由もなく、いつも通り痺れ薬を盛った酒と料理を出した。彼らはすんなりと食事に手を付け、談笑するうちに意識が朦朧とし始め、次々と倒れていった。李立は早速、宋江の身体を料理台に乗せ、解体しようとしたが、手伝いの若い者がいなかったため、彼らの帰りを待つことにした。そこへ漁師の李俊(りしゅん)が、護送されてこの地を通るはずの宋江を探し、店に入って来る。李俊から宋江の外見の特徴を聞かされた李立は、全身が粟立つのを覚えた。料理台に寝かせたその男こそ宋江だったからだ。李立は直ちに、宋江に覚まし薬を飲ませ、何とか事なきを得た。その後、侘びとして無実の罪で処刑されそうになった宋江を助け、これを機に入山。

山塞では情報伝達のために置かれた南山酒店主人を務めた。物語では、同じく人肉マントウを作る孫二娘(そんじじょう)が有名だが、李立もまた残忍な店主として描かれている。

-457suiko-v5

千島湖。1959年に水力発電のために作られた人造湖。982km²。1078の島々が点在する

李立が倒れた浙江省杭州市淳安県。省内で最も面積が広い県であるこの地は、1000以上の島が散らばる千島湖が有名だ。湖に囲まれた孤島は、どこか梁山泊を彷彿とさせる。

【アクセス】
上海虹橋駅から杭州駅まで、高速列車で約1時間、2等席77.5元、1等席123.5元

-457suiko-v6

~上海ジャピオン2013年11月1日号

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. チョコドリンク専門店武康路で人気を博したチョコレートドリンク店「CHOCO…
  2. じわじわくる痛みに――年々、膝や腰などの関節が、疲れた時やふとした時に痛むよ…
  3. 上海中心気象台によると10月17日(木)~20日(日)に掛けて、市の最高気温は23~24度、最低気温…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月18日発行号…
  5. 上海市では、9月30日(月)~10月6日(日)の国慶節休暇における消費額が、昨年比10・2%増の25…
PAGE TOP