水滸巡礼~108の足跡~朱富(しゅふう)

-469suiko-v1

-469suiko-v2 

山塞の笑う虎
朱富(しゅふう)

ゆかりの地 河北省覇州市
あだ名 笑面虎
職業 居酒屋店主兼醸造担当
宿星 地蔵星

山東省臨沂市沂水県。朱貴(しゅき)の弟で、梁山泊に入った彼の代わりに、居酒屋を継いだ。同郷の李逵(りき)が騒ぎを起こして捕縛され、それを救ったことがきっかけで、師匠の李雲(りうん)とともに入山。最期は杭州で病没した。

笑顔の裏に危険な企み
勝利の美酒を造る

朱富は山東省臨沂市沂水県で居酒屋を営んでいた男。常に笑顔を絶やさず、周りに愛想を振りまくが、腹の中では何を考えているのかわからず、よく騒ぎを起こすので、「笑面虎(しょうめんこ)」と呼ばれた。

-469suiko-v3

李少春記念館は、覇州市出身の著名な京劇俳優の記念館。彼の生涯にまつわる資料や、舞台セットなどが展示されている

ある日朱富の兄の朱貴が、梁山泊の一員であった兄の朱貴が同じく仲間である乱暴者の李逵の里帰りを監視するため、ともに沂水県に帰ってくる。そして、2人は朱富にもてなされ、李逵の母親を連れて山へ戻る途中、その母親が虎に食われてしまった。怒りに任せて虎を殺した李逵は、麓の村で大歓迎を受けたが、素性が知られ、捕縛されてしまった。そこで朱富は、李逵の護送団を店に招き、痺れ薬を盛った料理を出し、李逵を救出しようと考えた。そして当日護送団は、朱富が愛想良く笑顔で提供した料理を楽しんだ後、作戦通り全員昏倒。朱富の心中の虎が笑った。こうして李逵は無事救出されたのだ。

だがこの護送団には、朱富の武術の師匠である李雲が混じっていた。李雲に恩義があった朱富は、彼を説得し、兄とともに梁山泊に入ることになった。

入山後は、居酒屋での経験を活かし、酒醋の醸造などに専念。酒は好漢たちにとって不可欠なもの。その酒の製造を担当することで宋江たちから大いに重宝された。戦の後の、勝利の美酒は彼が造ったことだろう。

-469suiko-v4

覇州龍泉寺。河北省重要文化財。宝殿の前にあった井戸から、泉のように水が湧き出したことからこう呼ばれた

朱富が田虎討伐戦で訪れた河北省覇州市。周代に設置された覇州を前身とするこの地は、北京市から東に80㌔離れたところに位置する。石碑や彫刻物が多く出土した場所として有名で、現在も未発掘のものが多数存在するという。悠久の歴史を感じるこの場所を訪れてみたい。

【アクセス】
①上海駅から衡水駅まで、快速列車で約11時間半、硬座141.5元
②衡水駅から覇州駅まで、快速列車で約2時間、硬座28.5元

-469suiko-v5

~上海ジャピオン2014年2月7日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. チョコドリンク専門店武康路で人気を博したチョコレートドリンク店「CHOCO…
  2. じわじわくる痛みに――年々、膝や腰などの関節が、疲れた時やふとした時に痛むよ…
  3. 上海中心気象台によると10月17日(木)~20日(日)に掛けて、市の最高気温は23~24度、最低気温…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月18日発行号…
  5. 上海市では、9月30日(月)~10月6日(日)の国慶節休暇における消費額が、昨年比10・2%増の25…
PAGE TOP