水滸巡礼~108の足跡~穆弘(ぼくこう)

-473suiko-v1

-473suiko-v2

誰も止められない親分
穆弘(ぼくこう)

ゆかりの地 山西省晋城市高平県
あだ名 没遮攔
職業 騎馬軍将校
宿星 天究星

掲陽鎮(現江西州九江市付近)出身。この地一帯を支配する3大派閥の1人で、穆春(ぼくしゅん)を弟に持つ。同じく顔役の李俊(りしゅん)らと縄張りを三分していたが、彼らと宋江を救出したことが縁となり、入山。その後騎兵軍で活躍したが、方臘の戦い後、杭州で病死。

掲陽鎮の荒くれ首領
追い詰められた宋江

穆弘は掲陽鎮一帯の有力者。恰幅の良い男で周囲の人間から恐れられていた。喧嘩となれば、相手を死ぬまで追い詰めるほど気性が荒く、「遮る物がない」の意を表す「没遮攔(ぼつしゃらん)」の名で呼ばれた。

-473suiko-v3

青天河は、江南水郷と北国の雰囲気が融合された観光地。長江水系の河が流れる

ある日、掲陽鎮にやって来た男が槍棒の技を披露し、村人たち相手に金を稼いでいた。彼は後に入山する薛永(せつえい)。薛永は商売の許可を得ていなかったため、穆弘は村人に彼と関わらないよう言いつける。しかし、罪人としてこの地に流されていた宋江が薛永に金を渡そうとした際、弟の穆春が宋江に注意すると、薛永は穆春を殴ってしまい、それを聞いた穆弘は、薛永らの捕獲に動き出した。

事態を知った宋江たちが逃走しようと渡し舟に乗ると、何と船頭は船乗り強盗で、宋江を脅してきた。戻るにも、穆弘が追ってくる。そんな中、掲陽江の長・李俊(りしゅん)が偶然通りがかった。宋江と顔見知りである李俊は、穆弘たちに、彼こそが天下の義士で名高い宋江と告げる。それを知った一同はすぐに刀を収め、ひれ伏したのだった。流刑者である宋江は彼らの歓待を受けた後、流刑地の江州へと向かった。ところがその後、宋江が謀反を企んだとして江州で処刑されるという情報が穆弘のもとに届く。穆弘らはすぐに駆けつけ、宋江を救出。そして、これが契機となり穆弘・穆春兄弟は正式に入山。

入山後は騎兵軍頭領としてしぶとい戦いぶりを見せた。祝家荘の戦いでは、強敵の祝虎(しゅくこ)と互角の勝負を演じるなど、見せ場を作った。

-473suiko-v4

金峰寺は、高平市北西部の山麓に建つ古寺。かつて火災にあったが、元代に修復。7つの宮殿式建築を残している

穆弘が戦功を挙げた地、晋城市高平県。古代は戦火に見舞われたことが多く、今日でも戦場跡などが残っている。誰にも、何にも遮られることなく、穆弘はこの地で暴れていたことだろう。

【アクセス】
①上海虹橋空港から空路にて長治王村空港まで約2時間
②上海駅から晋城駅まで、快速列車で約6時間半、硬席91元

-473suiko-v5

~上海ジャピオン2014年3月7日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「時令(shi2ling4)」は「季節」や「旬(の)」、「季節の変わり目…
  2. 珍しいロバ肉を食す「天上龍肉、地上驢肉(天には龍の肉が、地上にはロバの肉がある)…
  3. ~上海ジャピオン2019年8月23日発行号…
  4. キャンディとコラボみ キャンちゃん、またお菓子食べてるでしょ。あま~い匂いがする…
  5. 趣味から実用までカバー①百新文具館本屋「百新書局」に併設する文具店…
PAGE TOP