上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~杜興(とこう)

-482suiko-v1

-482suiko-v2

李家荘の忠実なる番人
杜興(とこう)

ゆかりの地 安徽省蕪湖市
あだ名 鬼臉児
職業 情報収集役
宿星 地全星

河北省保定市定州市出身。もとは行商人であったが、流れ着いた先の李家荘で、村長の李応(りおう)に仕え、自宅の会計や家事を担った。祝家荘との戦に巻き込まれ、これを契機に入山。その後、山塞の南山酒店で情報収集役を務めた。

最後まで主に付き従う
すべては恩人救出のため

杜興は河北省保定市定州市出身。行商先で乱暴を働き、牢に入れられたところを、梁山泊牢役人・楊雄(ようゆう)の計らいで救われる。その後、梁山泊付近にあった李家荘という村の村長・李応に気に入られ、李応宅の会計役として働くことに。化け物のような厳つい顔つきをしていたことから、「鬼臉児(きれんじ)」と呼ばれた。

-482suiko-v4

唐代に建立された広済寺は、赭山西山麓に位置する。弥勒像、金剛像のほか、薬師像などを安置している

ある日、杜興は居酒屋で、楊雄に呼び止められる。楊雄は李家荘の隣村、祝家荘で殺人を犯し、仲間を連れ梁山泊に逃げる途中だった。しかし、仲間の1人が捕えられてしまい、逃げるに逃げられないという。かつて楊雄に危機を救われた杜興は、過去の恩に報いようと、李応に働きかけ、仲間を釈放してもらうよう計らう。そして杜興は李応の書いた手紙を持参し、祝家荘に向かうが、梁山泊の一味と疑われ交渉は決裂。結局、梁山泊に救出を頼むことに。

梁山泊と祝家荘との戦が始まり、杜興は戦いに有用な情報を宋江に教え、救出に貢献。ところがその後、杜興と李応は祝家荘の人間と名乗る男らに、捕縛される。梁山泊は戦に勝利し、間もなく宋江が杜興の前に現れ、縄を解いた。梁山泊が2人を仲間に加えるため、祝家荘の人間を装い、捕えたのだ。この戦で行き場を失った杜興と李応は、山塞に身を寄せる。入山後、居酒屋の運営や賓客接待などの裏方を担当。方臘の戦い後は故郷に戻る李応に従い、ともに富豪となり幸福な余生を送った。

-482suiko-v5

赭山公園。海抜84.8mの赭山を囲った公園になっており、蕉湖市一帯を俯瞰することができる。「蕪湖十景」の1つ

杜興が田虎討伐戦で訪れた地、安徽省蕪湖市。市北部に長江が流れるこの地は、2600年の歴史を有する。かつては鳩慈と呼ばれ、同省を代表する稲作地帯として栄えた。後に裕福な生活を送った杜興を見るように、蕉湖市も今日、農業、経済面で大きな発展を遂げている。

【アクセス】
①上海浦東空港から空路にて合肥新橋空港まで約1時間
②上海駅から蕪湖駅まで、快速列車で約6時間半、2等席62.5元

-482suiko-v6

~上海ジャピオン2014年5月16日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。