上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~李俊(りしゅん)

-485suiko-v1

-485suiko-v2

海を渡った水軍の要
李俊(りしゅん)

ゆかりの地 安徽省合肥市
あだ名 混江龍
職業 水軍頭領
宿星 天寿星

安徽省合肥市出身。揚子江の船頭であると同時に、付近を取り仕切る地元の顔役でもあった。兼ねてより宋江を尊敬しており、彼の窮地を救ったことがきっかけで入山。その後は水軍を統括し、数々の戦に参加したが、方臘の戦い後に梁山泊を離脱し、異国に旅立った。

長江を支配する龍神
梁山泊を離れて異国王に

李俊は、安徽省合肥市出身の船頭。長江付近の掲陽嶺(けいようれい)を取り仕切っていた。水泳の達人で、敵の船底に穴を空け、浸水させて壊滅状態に持ち込むことを得意とした。その様子から、揚子江をかき回す龍を表す「混江龍(こんこうりゅう)」の名で呼ばれた。

-485suiko-v3

三河古鎮は、合肥の外れに位置する水郷。豊楽河、杭埠河、小南河の3つの河が街中を流れるので、こう呼ばれる

ある日、好漢として有名な宋江が妾を殺した罪で逮捕され、流刑先の江州へ向かう途中で、掲陽嶺を通った。すると李俊は彼に会って盛大にもてなし、見送ったが、しばらくすると江州にいた宋江が、あらぬ罪を着せられ、処刑されることに。これを知った李俊は仲間の船乗りを連れて救出へ向かった。そして見事宋江を船に乗せて江州から脱出させることに成功。李俊は、これを機に憧れていた梁山泊に加わることにした。
入山後は水軍を組織。官軍が山塞を攻めてきた時は、水中から夜襲をかけ、敵将を捕縛するなどの活躍を見せた。水軍元帥としてすべての戦いに参加し、生け捕った敵将は数知れない。

その間もずっと宋江を慕ってきた李俊だったが、梁山泊の朝廷入りがきっかけで意見が対立。梁山泊は朝廷に利用されているだけだから離れよう、と宋江に苦言を呈したが聞き入れてもらえず、離山を決意。仲間を連れて海を渡り、辿り着いたのはシャムという国。その後シャム国王となり、自由気ままに暮らしたという。

李俊が生まれた安徽省合肥市。同省の省都であるこの地は、長江と淮河の間に位置する。『三国志』に登場する名将・周瑜(しゅうゆ)、北宋末期の名官吏・包拯(ほうじょう)の出身地でもあり、彼らにまつわる多くの名所旧跡を有する。

-485suiko-v4

逍遥津。三国時代、魏の名将・張遼(ちょうりょう)が「合肥の戦い」で、呉軍と戦った場所。安徽十景の1つとされる

河を上って、海を渡り、異国の王になった李俊。その後は龍神となり、遠くからこの地をずっと見守っていることだろう。

【アクセス】
①上海浦東/虹橋空港から空路にて合肥料新橋空港まで約1時間
②上海虹橋駅から合肥駅まで、高速列車で約2時間半、2等席195元

-485suiko-v5

~上海ジャピオン2014年6月6日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。