上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~董平(とうへい)

-489suiko-v1

-489suiko-v2

混乱の世を貫く2本の槍
董平(とうへい)

ゆかりの地 浙江省湖州市安吉県
あだ名 双槍将
職業 騎兵軍五虎将
宿星 天立星

山西省長治市出身。東平府(現山東省東平県)の総司令官を務めていた時、府を攻めてきた梁山泊軍に捕縛され、宋江の説得で寝返る。梁山泊騎兵軍「五虎大将」の1人に数えられた。最期は方臘の戦い・湖州戦で、独松関にて敵将の攻撃を浴びて戦死。

文武に優れた稀代の将
かつての居城を襲撃する

董平はもと東平府の総司令官。戦場では両の手にした槍を巧みに使い、無類の強さを誇ったことから「双槍将(そうそうしょう)」の名で呼ばれた。また、武芸だけではなく、学問や音楽にも通じていたことから「風流双槍将(ふうりゅうそうそうしょう)」のあだ名も持つ。

-489suiko-v3

董平は、東平府の長官・程万里(ていばんり)の娘に惚れ、度々程万里に結婚の許しを求めるも断られてばかりいたため、逆恨みしていた。そんな折、東平府を攻めて来た梁山泊軍の将・韓滔(かんとう)、徐寧(じょねい)と打ち合うことに。雄叫びを上げながら槍を振り回す董平。この世のものとは思えぬ怒涛の攻めを見せる双槍将を前に、韓滔、徐寧は戦意を喪失し退散した。董平は彼らを追ったが、思わぬ伏兵が現れ、捕縛されてしまう。しかし敵である宋江が礼を尽くして接すると、董平はそれに心服し、程万里への不満にも後押しされて、梁山泊の東平府攻めに協力することを決意。

董平が梁山泊へ寝返ったことを知らない東平府。彼が城に帰ると、城兵が城門を開いた所に梁山泊軍がなだれ込み、府を制圧。董平は程万里を殺して娘を連れ出すと、入塞した。

入山後は騎兵軍五虎大将の1人として槍を振るった。官軍が攻めてきた時は、敵将を討ち取り、撃退。最期は方臘の戦いで腕を負傷し、思うように槍を扱えぬまま戦死したが、敵軍は2本の槍で襲ってくる董平に何度も恐怖を覚えたという。

-489suiko-v4

董平が方臘の戦いで力尽きた浙江省湖州市安吉県。竹の故郷としてその名が全国に知られる。武術だけでなく、音楽にも親しんだという董平。竹の鳴る音を聴きつつ、この地を見守っていることだろう。

【アクセス】
上海虹橋駅から湖州駅まで、高速列車で約2時間、2等席71元
-489suiko-v5

~上海ジャピオン2014年7月4日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。