上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~孫新(そんしん)

-491suiko-v1

-491suiko-v2

牝虎をなだめる夫
孫新(そんしん)

ゆかりの地 江蘇省無錫市
あだ名 小慰遅
職業 居酒屋店主
宿星 地妖星

登州(現山東省莱州市)出身の商人で、妻の顧大嫂(こだいそう)と2人、居酒屋を営んでいた。無実の罪で捕えられた従兄弟を牢から救い出し、それが原因で招いた騒動から逃れるため、梁山泊に入る。入山後も夫婦で活躍し、東山酒店を経営。

親戚ぐるみで山塞入り
夫婦で敵地に潜入

孫立は、登州(現山東省莱州市)で賭場と居酒屋を経営していた。軍人の家の出で、兄で登州軍の指揮官をしていた孫立(そんりつ)に鞭と槍を学んだ。また、かつて槍術に優れた唐代の武将・慰遅恭にちなみ、付けられたあだ名が「小尉遅(しょううつち)」。さらに、牝虎を意味する「母大虫(ぼだいちゅう)」の名で恐れられた顧大嫂(こだいそう)の夫でもあり、尻に敷かれながらも激しやすい妻を諌める役目を負っていた。

-491suiko-v3

太湖。江蘇南部と浙江省北部の境界にある湖。面積は2250km²を誇り、無錫市では黿頭渚公園などの名所がある

ある日、孫新の従兄弟、解珍(かいちん)、解宝(かいほう)が登州の有力者・毛太公(もうたいこう)に冤罪で捕えられる。孫新は兄嫁の楽和(がくわ)に頼まれ、早速、親類縁者に協力を求めると、破獄を企てた。一方冤罪の件で怒り心頭の顧大嫂は、すぐに獄に押しかけようと武器を握ったが慌ててはならないと、孫新に諌められる。地元の登雲山の山賊と梁山泊の関係を利用し、彼らの力を借りて牢破りを決行した後は梁山泊に逃げようと提案。顧大嫂も従った。

果たして牢破りは成功。騒ぎを起こした一行は、そのまま梁山泊に向かった。当時梁山泊は祝家荘の戦いの最中だったが、孫新、顧大嫂は苦戦中の梁山泊に加勢し、見事彼らを勝利に導いた。正式に入山が認められた後は、夫婦で情報窓口を務めた東山酒店を経営、戦場では、農民の夫婦を装って敵地へ潜入するなど、工作活動で貢献。方臘の戦い後も無事に生き残り、登州へ戻り、幸せな余生を送った。

-491suiko-v4

CCTV(中国中央テレビ)のドラマ『三国志演義』の撮影地となったテーマパーク「無錫三国影視城」

孫新が方臘の戦いで訪れた江蘇省無錫市。太湖に接した都市で、市内を大運河が貫く。水と桜が美しい風光明媚な場所で、同省を代表する観光地となっている。合戦当時、孫新夫婦もこの美しい太湖の光景に心打たれたことだろう。

【アクセス】
上海駅から無錫駅まで、高速列車で約50分、2等席59.5元、上海虹橋駅から無錫駅まで、高速列車で約50分、2等席38.5元

-491suiko-v5

~上海ジャピオン2014年7月18日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。