上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~蔡慶(さいけい)

suiko-v1

suiko-v2

髪に花を挿す牢役人
蔡慶(さいけい)

ゆかりの地 浙江省金華市永康市
あだ名 一枝花
職業 死刑執行人
宿星 地損星

河南省邯鄲市の政治拠点、北京大名府で、兄の蔡福(さいふく)と府の牢獄を取り締まっていた。冤罪で捕らわれた盧俊義(ろしゅんぎ)の破獄を助けたことに起因する一連の騒動に巻き込まれ、梁山泊に入る。方臘の戦いの後は故郷に戻り、平民として生涯を過ごした。

盧俊義の運命を握る
迫られる梁山泊への加担

蔡慶は北京大名府の牢役人。相手を威圧するような、大きく鋭い眼と濃い眉を持つ。そんな外見にも関わらず、髪には花の飾りを挿すなど、小粋な一面があったことから「一枝花(いっしか)」と呼ばれた。

suiko-v3

金華ハム。中華料理の高級食材。脂肪が少なく、赤身に良質な甘みを有した豚が原料に使われる

ある日、梁山泊の柴進(さいしん)が、蔡慶の兄・蔡福に金1000両を押し付け、大名府に投獄された盧俊義の助命を要求。柴進は彼に何かあれば、府の役人を皆殺しにすると脅した。蔡慶は小心者の兄に対し、1000両をばら撒いて、盧俊義を流刑にさせるよう提案。ここで梁山泊に恩を売っておけば、後で何かの役に立つかもしれないと説いた。

兄弟は早速金を配り、盧俊義は死刑を免れ、流刑に処された。ところが、護送中、彼の家臣、燕青(えんせい)が護送役人を殺し、盧俊義を救出する。再び捕えられ、盧俊義は今度こそ死刑を免れない。執行役は蔡兄弟だ。そこへ、梁山泊の石秀(せきしゅう)がこれを阻止しようと飛び込むも、ともに捕まってしまう。騒動で刑が先送りになった盧俊義と石秀に、蔡慶は食事をこっそり届けるなどして面倒を見る。この後、盧俊義らを救出した梁山泊が攻め入り、2人は解放。蔡兄弟もこれを機に府から逃げ、牢破りの手引きをした功績で入山することになった。

入山後は、引き続き処刑人を務める。物語では主に兄弟で登場。戦にも参加するが、兄は方臘の戦いで戦死。蔡慶はその後、関勝(かんしょう)に従って大名府に戻り、平民として平和に暮らしたという。

suiko-v4

国家特別名勝区に指定されている奇勝、方岩景勝区。奇岩、湖、五峰など8つの見どころを有する

蔡兄弟が方臘の戦いで訪れた浙江省金華市永康市。かつて、三国志の呉の王・孫権(そんけん)の母がこの地で倒れた時、「永保安康(永久に安らかに)」と祈ったことに由来し、この名が付いたとされる。兄を失った蔡慶もまた、この地で兄の永遠の眠りを祈ったことだろう。

【アクセス】
上海虹橋駅から金華西駅まで、高速列車で約3時間、2等席103.5元。金華西駅から永康駅まで快速列車で約1時間、硬座10.5元

suiko-v5

~上海ジャピオン2014年8月1日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。