上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~李雲(りうん)

suiko-v1

ゆかりの地 安徽省宣城市績溪県
あだ名 青眼虎
職業 家屋建築修理
宿星 地察星

山東省沂水市沂水県出身。剣、槍に長け、町の警備役を務めていた。同郷の李逵を探しに行った時、かつて武術を教えた梁山泊の朱富(しゅふう)と再会したことが縁で、入山。その後は、山賽の建築全般を担当する。最期は方臘の戦いで戦死。

suiko-v2

沂州の警備隊長
泥酔した李逵を捕獲

李雲は、沂州で町の都頭(警備隊長)を務めていた。武芸に優れ、赤い髪に青い眼という異国人風の外見から「青眼虎(せいがんこ)」のあだ名を持つ。

ある日李雲は沂州の上官から、役人の屋敷で酔っ払い捕えられていた李逵(りき)を連れ帰るよう命じられ、30人の手勢を連れて出発する。屋敷に到着すると、李逵は泥酔。倒れている李逵を担いで役所に向かう道すがら、李雲の前にかつての弟子、朱富(しゅふう)が現れる。李雲は、朱富に誘われるがまま、酒の席をともにする。しかし料理には痺れ薬が盛られて、李雲は倒れてしまった。実は、李逵が騒ぎを起こさないよう、宋江が朱富を派遣し、李逵を監督させていた。李雲に連れ去られそうになったので、朱富はやむを得ず実行したという。任務を果たせなかった李雲に、このまま帰っても李逵を取り逃がしたことを処罰されるだけなので、入山するよう提案。李雲は納得し、梁山泊に加わる。

入山後は建築修理を担当。戦にも参加し、遼征伐戦や方臘の戦いでは歩兵として戦った。

suiko-v3

朱富から説得され、入山を決める李雲(写真右)

李雲らが方臘の戦いで暴れた安徽省宣城市績溪県。千年以上の歴史を有する水郷・龍川があり、観光客を魅了する。戦地となった当時の激しさを思わせることなく、今日も川が街を静かに流れる。

suiko-v4

【アクセス】
上海駅から宣城駅まで、快速列車で約7時間、硬座69元

suiko-v5

~上海ジャピオン2014年8月15日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。