上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~穆春(ぼくしゅん)

suiko-v1

ゆかりの地 河南省鶴壁市
あだ名 小遮欄
職業 歩兵軍将校
宿星 地鎮星

江西省九江市付近にあった掲陽鎮(けいようちん)出身の豪農。兄の穆弘(ぼくこう)とともに、地元の顔役として恐れられた。敬愛していた宋江と掲陽鎮で出会い、彼に付き従う形で入山。山塞では会計や出納など、事務役を担当した。

suiko-v2

揚子江首領兄弟の弟
宋江に殴りかかる小遮欄

穆春は掲陽鎮に住む豪農の息子。街の顔役である穆弘(ぼくこう)を兄に持ち、2人で一帯を支配していた。遮るものがないことを表す兄のあだ名「没遮欄(ぼつしゃらん)」にちなみ、弟ということで「小遮欄(しょうしゃらん)」と呼ばれた。

ある日、薬商人・薛永(せつえい)が掲陽鎮にやって来る。彼は穆春の許しを得ずに町で薬を売っていたため、村人は薬を買わないよう言い付けられていた。しかし、偶然町を訪れていた宋江が、薛永に金を出そうとする。穆春は相手が宋江と知らず殴りかかるが、薛永に阻まれる。棒で突かれ倒れた穆春は、兄のもとに逃げる。これを聞いた兄は怒り狂い、宋江を追ったが、宋江は渡し船に乗り、町を出るところだった。しかし船頭の言葉で、その客が噂の宋江と知り、兄弟は即座に平伏す。そして、その後宋江を守り、行動をともにすることを誓った。

入山後は、会計や出納など、事務仕事を担当。兄と異なり、戦に出ることは少なかった。兄が病没すると、1人帰郷し、昔の生活に戻ったという。

suiko-v4

ドラマ『水滸伝』中の穆春。山塞内で登場する場面が多い。

穆春が訪れた河南省鶴壁市。作中に登場する場所、白龍廟があり、滝と岩山が織りなす風景は旅人の心を癒す。穆春もこれを見ながら、豪傑たちと梁山泊の夢を語ったことだろう。

suiko-v3

【アクセス】
上海虹橋駅から鶴壁駅まで、快速列車で約17時間、硬座141.5元
suiko-v5

~上海ジャピオン2014年8月22日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。