上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~雷横(らいおう)

suiko_v01

ゆかりの地 湖北省荊州市沙洋県
あだ名   挿翅虎
職業    歩兵軍頭領
宿星    天退星

山東省菏澤市鄆城県出身。鄆城県の歩兵隊長を務めていた。殺人を犯したが、流刑を逃れて、旧友の宋江を尋ね 、母を連れて梁山泊に行き着く。鄆城県の同僚・朱仝(しゅどう)とも親交があった。

suiko_v02

警備役から罪人に一転
美髯公・朱仝との友情

雷横は、鄆城県で都頭(歩兵隊長)を務め、町の警備に当たっていた人物。武勇に優れ、7㍍もの谷を跳び越える ことができたと言われ、翼の生えた虎を表す「挿翅虎(そうしこ)」の名で呼ばれた。

ある日雷横は、開封府から来た女芸人・白秀英(はくしゅうえい)の舞台を見物に行った。ところが金を持ち合わせて
いなかった雷横は、白秀英の父と争いになった挙句、殴り倒してしまう。すると、鄆城県の知事と親交があった白秀英
は、知事の力を借りて雷横を役所前でさらし者にし、雷横の母を殴った。怒り心頭の雷横は、白秀英を殺してしまう。
雷横は知事を怒らし、流刑に処されることに。しかし護送に当たったのは、雷横の友・朱仝。彼をわざと逃がすと、雷
横に、梁山泊の戦友の宋江を訪ねるよう助言した。

suiko_v03
鄆城県の歩兵隊長を務めていた頃の雷横。ドラマでは「朴刀(ぼくとう)」を使用していた

入山後は、高唐州の戦いで強敵、高廉(こうれん)を討ち取り、勝利に貢献。戦闘以外の分野でも、かつて鍛冶屋だ った経験を生かし、武器の製造を担当するなどの活躍を見せる。

雷横が王慶の戦いで訪れた湖北省荊州市沙洋県。長江支流・漢江沿いの地で、肥沃な土壌を持つことから「魚米
之郷(漁業と稲作の盛んな地)」と称される。この雄大な漢江を挿翅虎は暴れ回ったことだろう。

suiko_v04

【アクセス】
上海虹橋駅から荊州駅まで、高速列車で約7時間、2等席318元

suiko_v05

~上海ジャピオン2014年8月29日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。