上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~宋万(そうまん)

suiko-1

ゆかりの地 浙江省楽清市
あだ名 雲里金剛
職業 歩兵軍将校
宿星 地魔星

出身地不明。旧制梁山泊の古参人員で、
第2頭領の杜遷とともに、山塞を守っていた。
林冲が初代頭領の王倫(おうりん)を殺した時、
山塞に残るか去るかの決断を迫られ、新制梁山泊に入る。
歩兵軍で数々の戦に参加し、最期は方臘の戦いで戦死。

 

suiko-4

梁山泊の初期人員
最後まで山塞を支える

宋万は梁山泊の旧梁山泊頭領の王倫(おうりん)に従い、第3頭領を務めていた。
雲を衝く仁王を表す「雲里金剛(うんりこんごう)」のあだ名の通り、
身長が2㍍近い巨漢であった。

ある日、政府の財宝を略奪した晁蓋(ちょうがい)らが、
追っ手から逃れるため、王倫らを頼り、梁山泊へやって来る。
王倫が入山を拒むと、かねてより王倫に不満を抱いていた林冲は彼を斬り捨てた。

そしてここに、晁蓋を頭領とする新制梁山泊が誕生。
宋万と杜遷は晁蓋に従うことを決め、一員となった。
入山当初は歩兵軍に加わり、江州(現江西省九江市)での宋江救出に参加。
宋万は杜遷、燕順(えんじゅん)らとともに、槍棒使いに変装して江州府に入り込み、
処刑場の前で大暴れし宋江を見事救い出した。
最期は方臘の戦いで、敵の矢に当たり戦死。

suiko-3

宋万(写真右)。王倫らとともに梁山泊に流れ着いた林冲を迎える場面

宋江は彼について、手柄を立てたことはなかったとはいえ、
新制梁山泊創立期に彼の世話になったことを語り、その死を悼んだという。

宋万らが方臘の戦いで戦ったとされる浙江省楽清市。
観光地の雁蕩山は、約1億年前の火山活動でできた山塊が、
長い年月をかけて侵食され、岩峰となって残ったもの。
雲里金剛の宋万のように、雄大な雁蕩山は今日も堂々と聳えている。

suiko-2

【アクセス】
①上海虹橋空港/浦東空港から空路に温州龍湾国際空港まで約1時間
②上海虹橋駅から楽清駅まで、高速列車で約3時間半、2等席215.5元

suiko-5

~上海ジャピオン2014年9月12日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。