上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~盧俊義(ろしゅんぎ)

suiko_v01

ゆかりの地 安徽省宿州市泗県
あだ名   玉麒麟
職業    副頭領
宿星    天罡星

北京大名府(現河北省邯鄲市大名県)出身。
使用人の謀叛に遭い、死刑に処されるところを、梁山泊に救助され入山。
類まれな統率力と武術を兼ね備え、宋江から副頭領に任命された。
最期は宋政府の企みにより水銀を飲まされ、淮河で溺れ死んだ。

suiko_v02

文武両道の豪傑
宋江も絶賛する大器

盧俊義は北京大名府の大商人。
堂々とした立派な体格で、棒や槍の扱いは一流とされ、
優れた風采と人格、気品を兼ね備えていることから「玉麒麟(ぎょくきりん)」と呼ばれた。

ある日盧俊義は、易者に扮した梁山泊の呉用(ごよう)の言葉を信じ込み、泰山参りに出発。
しかし道中、梁山泊兵に捕えられてしまう。
彼の豪傑ぶりを知っていた宋江らが、仲間に引き込むため、仕組んだものだった。
盧俊義は彼らの誘いを固辞し、帰宅。
ところが自宅は使用人の李固(りこ)に乗っ取られており、
再び李固が盧俊義を梁山泊とつながっていると大名府に訴えたことで、盧俊義を捕えた。

盧俊義は死刑判決を下される。
そして執行日、盧俊義の首に刀が入ろうとしたその瞬間、処刑人たちが次々と倒れていった。
梁山泊が救出に来たのだ。

入山した盧俊義は武術と軍才を活かし、数々の武功を挙げた。
晁蓋(ちょうがい)を殺した、曹頭市軍の史文恭(しぶんきょう)を生け捕ると、
その功績が評価され、副頭領の座に就いた。

suiko_v03
花和尚・魯智深(写真左)と並んで立つ盧俊義

盧俊義が倒れた宿州市泗県。
かつて泗州と呼ばれ、淮河下流に位置した重要な軍事拠点であった。
清代に黄河には、飲み込まれる形で水没した歴史を持つ。
玉麒麟の天下への志とともに沈んだ地を、一度訪れてみたい。

suiko_v04

【アクセス】

上海虹橋駅から宿州東駅まで、高速列車で約2時間半、2等席174元

suiko_v05

~上海ジャピオン2014年9月19日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。