上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~関勝

suiko_v01

山西省運城県出身。関羽の末裔とされる。蒲東県(現山東省凌県)で役人を務めていたところ、朝廷から梁山泊討伐を命じられる。しかし梁山泊の策で捕縛され、宋江の説得などで仲間入り。最期は飲酒が過ぎて落馬し、これがもとで死亡。

ゆかりの地 河北省唐山市
あだ名   大刀
職業    騎兵軍五虎将
宿星    天勇星

suiko_v02

関羽と瓜ふたつの武人
一騎当千の青龍偃月刀

関勝は『三国志』の関羽の子孫にあたり、関羽とそっくりの長いひげをたくわえ堂々たる風貌だった。巨大な薙刀「青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)」を自在に操り、「大刀(だいとう)」のあだ名を持った。

ある年の冬、関勝のもとに梁山泊討伐の命が届く。梁山泊軍に包囲された北京大名府(現河北省邯鄲市)が朝廷に救援を求めたのだ。関勝は命令に従い、救援軍の指揮官を務めた。梁山泊の攻撃を関勝は1人で応戦し、撃退する関勝。一騎当千の男に恐れをなした梁山泊は、一旦退散を決める。ところが、元官軍の呼延灼(こえんしゃく)が投降すると見せかけて関勝の陣地を訪れ、そして関勝が気を許したところを、梁山泊に捕えさせた。初めは宋江の説得に激しく抵抗した関勝だったが、林冲や呼延灼といった元宋軍の軍人が活躍しているのを目にし、入山を決意した。

suiko_v03
2011年のドラマ『水滸伝』での関勝。格闘家の宝力高が演じた

入山後は田虎の戦い、王慶の戦い、方臘の戦いなどすべての戦に出陣し、本隊長を務めた。方臘の戦いでは、強敵・石宝(せきほう)を負かしている。

関勝が遼討伐戦で訪れた河北省唐山市。栗が名産であるほか、陶磁器の産地として知られる。かつて関勝が薙刀を振り回していた時も、製陶の煙が上っていたことだろう。

suiko_v04

【アクセス】
①上海浦東空港から空路にて、唐山三女河空港まで約3時間
②上海虹橋駅から唐山駅まで、高速列車で約6時間、二等席558元

suiko_v05

~上海ジャピオン2014年11月14日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。