上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~公孫勝~最終回!

suiko_v01

薊州(現天津市)出身。表面上は軍師だが、その実は道術の使い手で、晁蓋(ちょうがい)らと朝廷の財宝強奪を画策し成功、その後、彼らと行動を共にする。戦場の天気を操り、敵を混乱させた。梁山泊で最初の離脱者となり、その後は修行のために故郷に戻り、隠居。

ゆかりの地 天津市
あだ名   入雲龍
職業    機密担当軍師
宿星    天閑星

suiko_v02

敵を惑わす道術使い
風の如く消えた求道者

 公孫勝は仙人・羅真人(らしんじん)に付いて修行をし、道術を身に着けた。雨風を呼び寄せ、龍のように雲にまで登ることができたため「入雲龍(にゅううんりゅう)」と呼ばれた。

ある日公孫勝は、宋朝廷が賄賂として運ぶ財宝「生辰綱(せいしんこう)」の運搬車が山塞近くの黄泥岡を通るとの知らせを聞く。公孫勝は、生辰綱が民の血税によってなされた不義の財であると考え、奪ってしまおうと、豪傑として名高い晁蓋宅を訪れ、彼に話を持ちかけた。果たして、晁蓋の仲間・呉用(ごよう)らとともに生辰綱を奪取。そのまま彼らと行動を共にし、梁山泊に入った。

suiko_v03

景崗山が演じる公孫勝。ドラマ版では、108人のうち最初に宋江と接触する

戦場では、道術で敵を惑わせる。高唐州攻めの際、敵将・高廉(こうれん)を道術対決で破り、人質解放に成功。また禁軍の戦いでは強風を起こし、敵を混乱させ自軍を勝利に導いた。彼の貢献は大きく、梁山泊勝利の陰には、必ず彼の術があったと言ってもいいほどだった。

ところが方臘の戦いを前に、仙人の修行を続けるため、山塞を去る。そしてその後、豪傑たちの前に現れることはなかった。

公孫勝の故郷、天津市。華北平原海河の五大支流が合流する地で、東に渤海を、北に燕山を臨む。険しい山で修行を続けた公孫勝は、この地に雨や風をもたらしたことだろう。

suiko_v04

【アクセス】
①上海虹橋空港/浦東空港から空路にて天津濱海空港まで約2時間
② 上海虹橋駅から天津西駅まで高速列車で約5時間、2等席515元。

suiko_v05

~上海ジャピオン2014年11月21日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。