ジャピオン目玉ツアー  ゴビ灘横断6日間

幻の西夏王国の栄華をたどる

銀川・カラホト ゴビ灘縦断6日間

voice1191
幻の王国遺跡カラホト(黒水城)

秋の黄葉を眺めつつ、砂に消えた幻の西夏王国の都城カラホト(黒水城)を目指して、
内モンゴルの枯れた大地を駆けめぐる。
遥か遠い古代へとタイムスリップできる旅が、ここに実現! 
 宋の時代にシルクロードの交易で栄えたのが、タングート族が築いた西夏王国。
井上靖の小説『敦煌』の舞台にもなり、独自の文字西夏文字を作った文化的国家だ。
この西夏の豊かさを示す〝東洋のピラミッド〟とも言われる西夏王陵では、本物のピラミッドより規模は小さいものの、
土地の人が神の山と崇める賀蘭山を背景にするその独特で力強い姿に圧倒される。
砂に埋もれた王国を想像しながら眺めよう。

voice2165
黄葉した胡楊樹林

 そして、その王国の交易拠点として隆盛を極めたカラホトへ。
砂漠の彼方に突如現れる同都市では、仏塔をはじめ、城壁やモスク、住居跡などの遺跡を見学できる。
かつて栄えた歴史ある街の遺跡は、栄枯盛衰の想いをしみじみと感じさせてくれる。
また、バタンキリン砂漠やゴビ砂漠を走り抜ける車での旅の道中には、黄色く色づいた胡楊樹林やタマリスクの群落、
不気味に立ち枯れた怪樹林など神秘的な自然も多く、秋の雰囲気を堪能できること請け合いだ。
 今年の国慶節は、神秘とロマン溢れる幻の西夏王国の栄華をたどりに行こう! 

voice3149

【旅行社インフォメーション】
日旅国際旅行社有限公司(日本旅行)
TEL: 5208-1713
FAX: 5208-1746
www.nihonryoko.com.cn

~上海ジャピオン8月21日号より

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP