上海の旅行・ホテル 記事

ゴーイング☆ハイウェイ~国道320号⑮

628ゴーイング-1 628ゴーイング-2

サイが住む鍾乳洞

オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅してるんだ。彼女がほしいと願掛けに訪れた「情人谷」は、カップルがよくデートに来るからこの名前に変わったんだけど、以前は「顕字岩」と呼ばれていたらしい。何でも、頭のいい人がここの岩を見れば、素晴らしい漢詩が浮かび上がって来るんだとか…目が乾くまで見つめたけど何も見えなかったや、やっぱオレじゃダメか。気を取り直してここにある鍾乳洞を探検。「犀牛(サイ)洞」って鍾乳洞、暗い洞窟の中にサイの銅像がデンと置かれていてなんかシュール。

さ~て、そろそろ貴陽市ともお別れだ。ここはもうすぐ地下鉄が開通するし、「未来方舟」なんてカッコいいオフィス街もできているし、次来るときはますます都会になっているんだろうな。

夜郎王が祖先の人々

お、次の安順市に行く途中にすっげぇ趣のある村を発見。ここは〝中国文化の生きた化石〟と言われる民族「屯堡人」の人たちが暮らす集落「天龍屯堡」なんだって。う~ん、婆ちゃんからちびっ子まで、みんな民俗衣装を着て日常生活を送っている村の人々、ステキだぜ!オレも伝統文化を重んじながら生きてみたい、と思うけど、実際は難しんだろうなぁ~。

よし、無事に安順市に到着。おや?「夜郎国の街にようこそ」なんて看板が出ているぞ。そうか、ここも夜郎国があったとされている場所の一つなんだな。そして何でも、夜郎王が自分たちの祖先だと信じ、今でも夜郎王に関する祭事を行う一族があるんだとか。スゲー面白そう。よし、明日は彼らが暮らす集落に行ってみるぜ。さあ、次の街を目指してゴーイングハイウェイ!

628ゴーイング-3

~上海ジャピオン2017年5月12日発行号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。