上海の旅行・ホテル 記事

ゴーイング☆ハイウェイ~国道310号④

641ゴーイング-1 641ゴーイング-2

北宋時代へタイムスリップ

オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅してるんだ。今日は開封市2日目。北宋期時代の生活風景を再現した観光地「清明上河園」ってところに来てみたぞ。北宋期に書かれた絵画「清明上河図」の街並みをモデルにしているだけあって、雰囲気たっぷり、まるでタイムトリップした気分だぜ。宋式の結婚式や馬乗り技術、気功のショーがあって、見応えあるな。でも一番面白いショーは、夜に湖の上で行われる「大宋・東京夢華」っていう劇で、舞台設置に1億3500万元、役者を700人投入して、花火がガンガン上がる超豪華なステージらしい。う~ん、見たかったけど夜だからな…次の街へ行っちゃうか。

 

 現代都市でもある鄭州

というわけでスイスイっと鄭州市に到着。鄭州は2回目…前回は北から、黄河を渡ってきたんだっけ。そうだ、まず前に食べそびれちゃった名物「菜饃」を忘れずに買っとかないと。う~ん、ニラに玉子、エビ、油条が入った薄焼きパン、まさに〝国民の朝ごはん〟って感じだよな。前回は歴史的な観光地を見たんだけど、鄭州は都市設計がオシャレ。1号線「会展中心」駅の近くには、小さな湖「如意湖」を囲むようにコンサートホールや展示場、公園が設置されていて、市民の憩いの場って感じだな。そこから延びる「金水路」には高級ホテルやショッピングモール、博物館なんかが並んでるし、超都会。たまにはこんなところを歩いてみるのも、街の発展が感じられていいな。まあホテルはもっと、安いとこ探さなきゃだけど…。さあ、次の街を目指してゴーイングハイウェイ!

641ゴーイング-3

~上海ジャピオン2017年8月11日発行号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。