ゴーイング☆ハイウェイ~国道310号⑥

643ゴーイング-1 643ゴーイング-2

久しぶりの豪華料理に舌鼓

オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅してるんだ。いや~、昨日の夜、洛陽に観光に来ていた中国人ファミリーと仲良くなって、晩メシご馳走になっちゃった。「洛陽水席」っていう超豪華なコース料理を食べたんだけど、何でもこれは、中国の無形文化財に指定されている食事で、どの料理にもスープが使われていることが特徴なんだって。麺にワンタン、牛肉スープ、鶏の煮込み…。あんな贅沢な食事久しぶりだった。おかげで元気満タンだぜ!

洛陽は見応えバツグンだったな。そして次の街、三門峡市も有名な観光都市。やっぱり黄河が流れるエリアは、見どころいっぱい、歴史の重みが感じられていいな…。いざ出発だ!

 三門峡の巨大ダムに興奮

三門峡って地名の由来にはある伝説があって、その昔、夏王朝の創始者である禹が治水のため、斧を使って高山を切り開き、人門、鬼門、神門という3つの峡谷を作ったことから、この名前が付いたらしい。で、その鬼門、神門を利用して建設されたのがここ、黄河最大のダム「三門峡大坝」ってわけ。くぅ~、ロマンだねぇ。162億立方㍍の貯水量を誇り、年間14億㌔ワットを発電できるとか、スケールデカすぎでしょ。今はちょうど放水期だから、ゴウゴウと黄色い水が噴き出ていて、まさに圧巻。飲み込まれそうだぜ。

で、黄河はそのまま市中心にまで流れていて、ダムのほかにも「天鵝湖城市湿地公園」とか水辺の観光地が多いんだよな。よし、明日は市の中心に戻って、その辺りを覗いてみるとしますか。さあ、次の街を目指してゴーイングハイウェイ!

643ゴーイング-3

~上海ジャピオン2017年8月25日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP