ゴーイング☆ハイウェイ~国道318号⑰

708ゴーイング-1 708ゴーイング-2

ゴールの地を目指して

オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅してるんだ。今日は朝から、康定市の「甘孜藏族自治州博物館」でチベット族の文化を勉強。カラフルな民族衣装や家具って、ホントにキレイだよな。うわ、このテントはトラやヒョウの革で作られてるんだって。超ワイルド~。

さて、長かった国道318号の旅も残りあとわずか。明後日ぐらいにはゴールできるかな。どんどん山奥に入っていくけど、最後にはどんな景色が見られるのか楽しみだぜ。

ふぅ、ふぅ…アップダウンが激しい山道が続いて進むのがキツイな。標高もどんどん高くなっていて、海抜2000㍍ぐらいはあるんじゃないか?

あっ、高原にテントが張ってあるぞ。さっきの博物館情報によると、この辺りに住む人の約半分は遊牧民で、テントで生活を送っているそうな。あれもトラの革でできてんのかな…。

旅のご褒美に松茸

あ~よかった、何とか「雅江県」中心地に到着。疲れた…と思ったら、オレみたいに息絶え絶えで道を歩いている人たちのオブジェがあるぞ。なるほど、ここも前に習った、茶の交易ルート「茶馬古道」だったんだ。商人たちはかなり苦労して茶の売買をしていたんだな…。バイクで来てもツラい道を、徒歩で行くなんて想像を絶するぜ。そういう理由もあってか、街中には「索洛寺」や「郭薩寺」といった古寺が多いんだよな。明日ちょっと覗いてみよっと。

それから忘れちゃいけないのが、ここはマツタケの名産地ってこと。ちょっと時期が遅かったけど、まだあるはず。今日はマツタケをたらふくいただいて、明日に備えるとするか。さあ、次の街を目指してゴーイングハイウェイ!

708ゴーイング-3

~上海ジャピオン2018年12月14日発行号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP