ゴーイング☆ハイウェイ~景徳鎮市⇒鷹潭市

ナスの干物に舌鼓

オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅してるんだ。景徳鎮市では色んな陶器が見られてよかったな。本当はたくさん陶器を買いたかったんだけど、旅の資金がいよいよ危うい。節約しながら進まないと。

次に向かう街、鷹潭市も始めて訪れる場所。ここは世界遺産に登録されている「龍虎山」が有名で、ちょうど国道沿いにあるから、観光していこう。

よ~し、鷹潭市に到着。とりあえず腹減った、何か安くておいしいものないかな…。へぇ、この辺りはナスの干物「余江茄子干」が特産なんだ。乾燥ナスビなんて珍しい。黒くて、見た目はノリの佃煮みたいだ。んっ、ナスの皮の間に、モチ米やトウガラシ、ニンニクが挟まっていてスゲー濃厚な味。これをおかずに、ご飯が進む進む…。昼ごはんは安上がりだったぜ。

絶景、奇景、龍虎山

では目的の「龍虎山景区」へ。この山は、かの有名な『水滸伝』の挿絵で描かれるほど美しい場所。あと珍しい岩や地質がそこかしこにあって、観光資源も豊富らしい。あーなるほど、ゾウの鼻に見える岩「象鼻山」や、モモが一口かじられたみたいに見える岩「仙桃石」がそうか。う~んでも、こういう岩ってほかも山にもありそうだけどね。

おっ、なんだあれ、断崖絶壁にぶら下がってるのは…棺!? ははぁ、ここ「崖墓」では、約2600年前に、崖に穴を掘って埋葬された墓地が残っていて、当時の埋葬の様子を再現したショーも見られんのか。オレ高所恐怖症だから、こんなところに埋葬されたら安らかに寝られない…想像したら怖くなってきた、今日寝る場所を早く確保しにいこう。さあ、次の街を目指してゴーイングハイウェイ!

~上海ジャピオン2019年8月16日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP