上海ジャピオンの特集 記事

中国茶カフェ

中国茶館ってアテンドのときくらいしか行かない?
それではもったいないような普段使いの中国茶カフェが、近年続々と登場している。
今週は2週連続のカフェ特集前編として、そんな中国茶カフェをご紹介!
春の陽射しのもと、週末はカフェでゆっくりしよう

(右写真)カイシングオ店長のTAKA氏

春はカフェで過ごす・前編




KaiXinGuo カイシングオ

 ことし2月、中山公園駅から少し離れた裏路地に、中国茶の虜となった日本人オーナーのTAKAさんが、新たな中国茶カフェをオープンした。本格的な中国茶はもちろん、スイーツや食事にもこだわった「〝CHA cafe〟カイシングオ(KaiXinGuo)」だ。
 店内に1歩入ると、高さ約7㍍の広々とした吹き抜け空間が目に飛び込む。ティーカウンターのある1階と、ロフトタイプの2階。羽衣のような紅のカーテンが天井からひらひらと揺れ、作りつけの棚には約30種の茶缶が行儀よく並ぶ。これらは全て、高級茶芸師と評茶員の資格をもつオーナーが厳選したものだ。
 今の季節に愉しみたいのは、やはり新茶。西湖龍井や碧螺春などは、4月中旬~下旬頃に入荷となる予定だ。このほかにも、東方美人やライチ紅茶など乙女心をくすぐるラインナップから、200元もする高級中国茶まで様々に揃う。

スイーツ5品盛りの一例。見た目にも
美しく、少しずつ色々食べられるのが
たまらない。

こうした本格中国茶はもちろん、さらに見逃せないものがある。ホテルパティシエの経験もある日本人パティシエと、フレンチやイタリアンのレストランで修行した日本人コックが、中国茶に合わせて編み出したオリジナルメニューだ。
中でもイチオシのスイーツが、「岩茶のプリン(28元)」。とろ~り、プルッとした絶妙な口当たりに、岩茶特有の「回甘(飲み込んだ後にお茶の甘味が喉から口内にふわっと一瞬戻ること)」を再現したこの品は、ここでしか味わえない。また、店頭の龍井茶を使用した「秋刀魚の蒲焼き龍井茶漬け(48元)」も人気メニュー。ほかほかご飯に、熱々の龍井茶をたっぷりかけ、秋刀魚をレンゲで崩しながら頂く。緑茶のほろ苦さがピリリと効いた大人の味に、再びほおばりたくなること請け合いだ。
 目も鼻も口も満足するメニューを揃えた中国茶カフェで、ランチタイムから午後までゆったり過ごしたい。

(右写真)カイシングオ店内、天井が高く広々

【MAP&MENU】

1度は行きたい!この茶館



宋芳
ソンファン


旧租界のフレンチ・シノワで
タイムトリップ・中国茶

 ここは上海のフランス。老房子の並ぶ永嘉路に、白亜の3階建てメゾンが佇む。昨夏オープンした仏人オーナーのティーハウス「宋芳」だ。
 カフェスペースは2階と3階。階段を上がったところでつい歩みをとめ見入ってしまうのは、中国農村の素朴さをテーマに、オーナーのエスプリが細部まで行き届いたインテリア。春の陽射しに輝く真っ白な壁。時間をかけ収集された骨董品。花柄の美しいティーコジーは、中国東北地方の農村伝統デザインだ。
 同店に置かれている茶葉は、フランスで150年の歴史を持つ老舗のフランス紅茶と、ハイクラスの中国茶。紅茶なら空色のティーポットにたっぷりと、中国茶なら何度も注ぎ足してゆっくりと愉しみたい。
お茶に必須のお茶菓子ももちろんあるd。フランス人パティシエの洋菓子店「VISAGE」から毎日取り寄せるお茶菓子に加え、週末だけの特別メニューも。それが、オーナー手作りのケーキたちだ。チョコレートや、桃の花ケーキなど、日によって登場する顔ぶれは異なる。次はあれを…と気づいたら通い詰めているはずだ。

【MAP&MENU】


(上写真)
右: 大きな窓から陽がさんさんと射し込む。
左上: 鳥かごのランプが可愛らしい。
左下: 手前はクッキー4品盛り(25元)、奥はジャスミン風味のフィナンシェ(35元)


煙雨江南茶芸酒?
ティーハウスバー


池を眺めてベッドにごろり
ことしの新茶も入荷済み

 お茶は座って飲むもの? いえ、ベッドに寝転んでどうぞ。魯迅公園からもほど近い曲陽公園内に2005年オープンした「煙雨江南茶芸酒?」は、ベッド席やカクテルも揃えた珍しい中国茶館だ。
 中国茶好きが高じ茶館をオープンするに至った中国人オーナーは、茶器ひとつから店員の制服までこだわりを持つ。風雅な江南式古典デザインの店内には、貴重な骨董家具も惜しげなく配され、茶館の風格を高めている。
 さらに池のほとりという絶好のロケーションは外界の喧騒をシャットダウンし、桃源郷のような趣を作り出した。オープンから3年、評判が評判を呼び、貴重な休日をここでくつろごうと今では多くの人が訪れる。中でも特に人気の席が、池のほとりのベッド席。晴れなら柔らかな陽射しを浴びて、雨なら池を打つ雨音を効きながらごろりと寝転んで一休みしたい。
伝統的茶館スタイルも残す同店は、お茶代に、数十種類のお茶請けと果物の食べ放題が含まれる。また、深夜2時まで営業しているので、昼は茶館、夜はバーとして仕事帰りにふらりと立ち寄りたい。

【MAP&MENU】

(上写真)
右: 池に面した席は大人気。今なら公園の花景色も楽しめる。
左上: 骨董家具のベッド席。
左下: オーナーの好みで、同店はプーアル茶が豊富。



Ayako Style アヤコスタイル


次の休みは泰康路で
オリジナル花茶で体回復

 瑞金二路を曲がって泰康路に進む。271弄という表示を見つけたら、ことし3月にオープンした「Ayako Style」はすぐそこだ。
 同店は、栄養士と薬膳師の資格をもつ店長のアヤコさんが、上海のヘルシー発信地としてオーナーと共同で開いたもの。中でも看板メニューはアヤコブレンドの花茶だ。お茶は現在6種類あり、ネーミングもまた愉快。例えば「アヤコスパークル」。疲れ目モードの人にキラキラ輝く目を、ということでブレンドされたものだ。このほかにも、男女問わず身体の悩みを解決しようとブレンドされた花茶が揃う。
 さらに不定期で開催される薬膳セミナーやツボセミナーも人気。誘い合わせて参加してみよう。

【MAP&MENU】


(上写真)お土産用商品も多く揃う



城市山民・谷
アーバントライブ


五感が喜ぶ裏通りカフェ
ガーデンで愉しむ中国茶

 プラタナスの並木が美しい復興西路の老房子のひとつに、2006年5月「城市山民・谷」が加わった。一見ブティックに見えるその店は、奥にガーデンつきのカフェを備えており、隠れ家といった趣だ。
 ナチュラルなライフスタイルを提唱する同店は、ふたりの上海人女性が開いたもの。ふたりが小さい頃から親しんできた上海の旧い家の匂いと、租界という欧州の空気を取り込んだ上海の街が、現代風のリメイクを施され凝縮している。古い家具。素朴な陶器のマグ。家の裏庭のようなガーデン。ここなら春の光の下で、ピクニックのようなティータイムを愉しめるはずだ。
 市の中心地にぽっこり生まれた静寂空間に、身を浸しに行こう。

【MAP&MENU】

(上写真)
ガーデンを眺めながら1杯

週末必携の中国茶館マップ




⑥大可堂普?会所
1930年代築の3階建て洋館をリノベーションし、2007年にオープンした高級茶館。
かつての豪邸といった風情で、広い庭を持つ。メインはプーアール茶。個室予約

襄陽南路388弄25号(×永嘉路)
TEL: 6467-6577
営業時間: 10時~深夜2時
予算: 100元~


⑦“お茶”と“古布工房”の店 ひまわり
一戸建てが立ち並ぶ高級住宅地の一角で、手作りおはぎやぜんざいなど、和の寛ぎと
ともに中国茶を愉しめる。各種ハンドメイド講座なども不定期で開催。詳細はHPを。

http://zhenchalin.jugem.jp/

剣河路2000弄69号夏都花園
(×虹橋路)
TEL: 6262-2377
営業時間: 9時~21時
予算: 約30元~


⑧TEAsia 
日本人に人気の高かった長楽路の中国茶販売店が、ことし3月、同楽坊に移転オープン。
全商品試飲可能で、お土産に手頃な商品が揃う。新茶は4月中旬~下旬入荷予定。

余姚路28号同楽坊20号楼102室(×海坊路)
TEL: 5213-5281
営業時間: 11時~21時(水曜休み)
予算: 蜜桃香50元/30g、冠音王120元/40g

~ジャピオン4月11日発行号より

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。