上海ジャピオンの特集 記事

上海アウトレットへ行こう!

その名もずばり!
「上海アウトレット」

 日本ではブランド品が安く手に入る場所として、定評のあるアウトレットモール。
上海でも、青浦区の「上海アウトレット(上海奥特莱斯)」、松江区の「FOXTOWN」のほか、今年1月下旬に宝山区に「美蘭湖アウトレット」が新しくオープンするなど、近年ますます人気が高まっている。
 そこで、今回は上海でも最大規模を誇る「上海アウトレット」の潜入レポートをご紹介!
春物がそろそろ欲しくなるこの時期、アウトレットまで掘り出し物を見つけに行くのはいかが?

国内でも有数の規模
市内からのアクセスも◎

 「上海アウトレット(上海奥特莱斯)」は、人民広場から約26㌔、虹橋空港から西へ約10㌔に位置する。
約16万平方㍍の広大な敷地に「オープンモール」形式で、国内外の有名ブランドやセレクトショップなど200店舗以上が店を構えている。
アクセスは、市内中心部からならタクシーで片道約90元程度。
また、バスを利用するのも便利だ。
 今回は、人民広場近くの普安路と金陵中路の交差点から約10分おきに出ているバス「滬青専線」を利用(片道8元)。
目的地最寄りの停留所は「方家窖」という駅だが、乗車時に切符係員に「青浦区のアウトレットへ」と伝えるか、「上海奥特莱斯」と書いた紙を見せれば、アウトレット目の前の交差点で降ろしてくれる。
ちなみに帰りは道路の反対側で乗車できる。

 バスに揺られること約1時間、広々とした「上海アウトレット」に到着だ。
まず驚くのは、その広さと店舗数の多さ!
人工の池を囲んで、ヨーロッパ風の建物が並び、アルマーニ、バーバリー、ラコステ、アディダス、ナイキなどなど、馴染みあるブランド店が次々に目に飛び込んでくる。
しかも店頭あっちこっちに大きく「30~80%オフ!」などと書かれており、どの店から入るべきか迷ってしまいそう。
ゆっくり見てまわるなら、まる1日はかかりそうなスケール。
敷地内はA・B・C区と分かれており、各種レストラン、ケンタッキー、スターバックスなどもバッチリ揃っているので、家族連れや友達、恋人と遊びに来て、買い物に疲れたら、ひと休みしてゆっくりできるのも良さそう。
 では、まず国際一流ブランドの集まるA区からウィンドウショッピングスタート!

著名ブランドずら~り
その価格やいかに

 A区には、国際的に名高いブランドを中心に約30店舗が集結。
「バーバリー」、「アルマーニ」などは中国人の間でも人気が高く、わかりやすいレイアウトの広々とした店内には、比較的多くの人で賑わっている様子。
クリスタルのアクセサリーや小物を扱う「スワロフスキー」は、今シーズンのネックレスで最大30%オフ。
小ぶりのピアスが200元台~。その他にも小物やウォッチなど、品揃えは多くないものの約50%オフが多いので、これはなかなかお得かも! 
次にトラディショナルなデザインで知られるイギリスのブランド「アクアスキュータム」を発見。
どれどれと価格を見てみると、値引き後でブラウス1枚1000元超え…。
 
 A区の大手ブランドをひと通り見終えたところ、全体的に値段が高いような気もするけれど、本物を手に入れるなら奮発するのもありかも。
続いて、カジュアルなファッションブランドやスポーツブランドが多いB区へ。

30~70%オフ続々
掘り出し物発見?!

 橋を渡ってB区に入ると、まず右側に「ラコステ」。
商品は最大70%オフのほか、靴、バックは約50%オフ。
そして、左手のスタバを超えてすぐにあるのが、カジュアルブランドのセレクトショップ「I・T」。
ツモリチサト、ケンゾーのほか、ドルチェ&ガッバーナ、ミュウミュウ、プードゥドゥなどの人気ブランド勢揃い。
店内にはこの季節すぐに着られそうな セーターやカットソーのほか、靴やベルトなど、バリエーション豊かなデザインの一点ものが並ぶ。
100元未満の靴、Tシャツもあって、価格もA区に比べたらずっとお手頃! 
思わず財布の紐が緩みケンゾーのTシャツを自分用に1枚購入。
メンズ・レディースともに商品が充実しているし、男女でショッピングを楽しめるところもポイント高し。

 様々なブランドに目を奪われているうちに、あっという間に午後1時を過ぎ、ショッピングモールの中も一気に人が増えてきた。
「I・T」を出ると近くにはスポーツブランドが多いこと気づく。
すぐ隣の「アディダス・アウトレット」には、各種ウェアが所狭しとラックにかけられ、約70%オフの商品も。
そして、「アディダス」の向かい側、「ナイキファクトリーストア」の店頭に掲げられた「500元以上の購入で100元引き」の文字を見つけ、店内に入ると、どうやら新春キャンペーンの真っ最中で、人も多い。
手前には冬物のジャケットやスポーツウェア、奥にはシューズがたくさん! 
アウトレットにしてはサイズも揃っているようで、お目当ての品が見つかるかも。
「ナイキ」の向かい側には「エスプリ」があり、特価商品で最大75%オフに魅かれてか、こちらもとても込みあっていて人気を集めている様子。

お気に入りの1点を
お手頃価格で!

 さらに奥へ進んでいくと、日本でも見かける女性向けブランドが続々登場。「ミスシックスティ」や「シスレー」、「ベネトン」、「ナインウェスト」などのブランドが立ち並んでいる。
イタリアブランドの「シスレー」では黒を基調としたシックな店内に、カジュアルでありながらきれい目な服がたくさん。
メンズ・レディース共にあり。
商品は60~70%オフ。カーディガンも約100元~程度とお手頃。
色が同じでも違うデザインのニットなどが多くて、普段使いにも良さそう。
この割引率ならちょっと冒険して普段着ない少しセクシーなスタイルにチャレンジするのもいいかも。 
 カラフルな衣類が充実した「ベネトン・アウトレット」では最大60%オフ。
明るい色使いの服がたくさん出ていて、春先のピクニック気分を誘うよう。
子ども服や靴、バックなどもあって、家族でも楽しめそう。
気が付くと財布の紐が緩みそうになるのをグッとこらえ、さらなる掘り出し物を探しに出る。
すると、ニューヨークの婦人靴ブランド「ナインウエスト」が目に留まった。
シンプルなデザインでヒールが高めのミュールやブーツが最大80%オフ! 
割引後は価格が200元台後半~。
春のお出かけ用にこれは何足かほしい!
 そして、B区2階へ。
こっちにも「カッパ」、「ナイキ・ゴルフ」、「ミズノ」、「ニュー・バランス」などのスポーツブランド店がひしめき合う。
「プーマ」では、今シーズンの商品も全て50%オフ、市内でも多く展開している「リーバイス」では、最大70%オフで、ジーンズ割引後329元~と、春節セールも手伝ってか大幅割引のオンパレード。
あれこれ見て回ってちょっと歩き疲れたので、ひとまず「避風堂」で少し休憩し、再び外に出るといつの間にか日が暮れて、建物がライトアップされていた。

飲食施設も充実
のんびり楽しもう

 そして飲食店も点在する3階立てのC区へ。
1階に「永和豆漿」、2階に「呉越人家」や「甜密密」、「KFC」などのファーストフードレストランがあり、食事時にはたくさんの人で賑わっていた。 
広い敷地内に多くのブランドが集まっているので、ウィンドーショッピングをして巡るだけでも面白い。
週末は人が多くなるものの、祝日21時半、平日21時まで営業しているので、休日の午後から足を伸ばしてみても良さそうだ。
 また、アウトレットの近くには、西に「朱家角」、「周荘」といった水郷スポット、南側に上海有数のリゾート「?山国家旅游度假村」もあるので、観光帰りに余裕があれば、是非立ち寄ってみよう。

上海奥特莱斯(shang4 hai3 ao4 te4 lai2 si1)
住所:青浦区滬青平公路2888号(嘉松中路5555号)
TEL:5975-6060 
営業時間:平日10時~21時、土日祝日9時~21時半
www.outlets.sh.cn
    
【アクセス】

タクシー
A9(滬青平)高速公路「趙巷」インターを下り、右折して約100m。
人民広場から約90元程度

バス
人民広場(普安路)――――上海奥特莱斯(方家窖)
滬青専線、滬青盈専線、滬朱専線でアウトレットまで片道8元、約1時間
☆約10分に1本発車と便数が多く便利
☆華山路、江蘇路、凱旋路、中山西路、水城路、虹許路などからも乗車可
※上海南駅南広場からの場合「上朱線」が利用可
※以前上海体育館から「旅遊4号線」が利用できたが、現在出ていないとのこと

~上海ジャピオン2月13日号より

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。