ローカルでチープにミラクルチェンジ☆

feature-v1feature-v2

 チープコスメに心躍る

キレイになるにはまずはコスメから♪ ということで、やってきました、上海の美容ストリート。このエリア、実は2012年に移転が噂されたが、うまく運ばなかったのだとか。以前より規模を縮小したものの、広西北路には今もコスメ販売店やヘアサロンが並び、美容市場として健在していた。

ウインドウ越しに見えるカラフルなコスメに、心トキメク取材班。そこには女の子の味方、目力アップの「つけまつげ」(5~15元)や「アイライナー」(10~50元)、「マスカラ」(10~50元)が! 卸売店というだけあって、リーズナブル♪ まとめ買いすればさらに安くしてもらえるのだとか。中でも取材班のお気に入りは、黒のフェイクレザー製ケースに入った「メイクブラシセット」(65元/12本)。品質は熊野筆には及ばないが、チーク、アイブロー、ハイライトなど用途に合わせて使い分けられ、お得感満点だ。

そして数軒隣りのネイル用品店へ。壁にはカラフルな「ジェルネイル」(25元~)がズラリ。思わず、「かわい~」と叫ぶ取材班。同店では、甘皮処理に使う「メタルプッシャー」(5元)や「キューティクルニッパー」(25~55元)、さらに「ライト」も大型のUVのものなら80元から手に入る。これなら一式買ってもお財布にやさしい。「これはお買い上げ♪」と1度は衝動買いしそうになったが、これは取材。冷静さを取り戻すのだった。

とにかく頭から足の先まで、美容アイテムが何でもそろう。チープなローカルコスメをゲットして、お得にキレイになろう。

feature-v2-1

〈アクセス〉
軌道交通1・8号線「人民広場」駅15番出口を出て、南へ150m。広東路を左折し、2ブロック進んで左手

feature-v3

華やかな女になるゾ

上海っ子がデート前に利用するサロンがあると聞きつけ、古北の虹古路へ行ってきました!

浜崎あゆみバリの、お目目くりくりギャルの写真に、ピンクや赤の看板が眩しい。入店を躊躇しているとスタッフが「暑いから中に入る?」と声をかけてくれ、店内へ。壁に価格表はあったものの、オプションなどあったら怖いので、念には念を入れて料金を確認。メイクが20元、ヘアセットが20元、つけまつげやウィッグをプラスすれば、追加料金がかかるとのこと。

取材班はとりあえず、メイク&ヘアセットをオーダー。夜を彩る華やかなお姉さんたちのように髪を盛ったり、超デカ目になったりするのかな~♪ とテンションが上がる。まずはファンデーションを塗って…。そしてアイメイクでは、テープをまぶたに貼ったかと思うと、キュッと押してあっという間に二重まぶたが完成! 続いてアイライナー、マスカラ、アイシャドウ、ハイライトを入れ、ノーズシャドウにチーク、リップもサッと正味10分程度。仕上がりはナチュラルで、これなら普段使いにも良さそう♪

髪は、クルクル巻くのかな? と期待したが、髪が短いため、両サイドを編み込みしたハーフアップスタイルに。さらにストレートアイロンでくせ毛を伸ばし、清純派アイドル風ときた。時間はトータル20分ほど、実にスピーディー♪

この値段でこの速さなら、お呼ばれやデート前にピッタリ!! 誕生日など、とっておきの記念日デートに使おう! と心に決める取材班だった。

feature-v3-1

<アクセス>
軌道交通10号線「水城路」駅の1番出口を出て、北へ400m。虹古路を左折、公園を過ぎて右手

feature-v4 

世界に1点の洋服を作る

「布」と大きく書かれた看板が目印の布市場。生地や仕立ての卸問屋が集まる同市場では個人の要望に合わせ、格安でオーダー服を作ることができる。

旗袍やパーティードレス、フォーマルなジャケットなど、百貨店で買うとちょっと高い、裏地にドラゴンなどの中国テイストを取り入れ、周りの注目を集めたい、なんて人にもピッタリ。

ということでやってきました取材班。建物は地下1階から地上3階建てで広々。とりあえず上から制覇! と3階へ向かう。せっかくなのでレースやフリルの付いたドレスワンピを作ろうかな~と店を物色するも、鏡で合わせてみるとさっぱり似合わずしぶしぶ断念。

そぞろ歩いていてふと目についた黒のジャケット。羽織ってみると、鏡の中にはバリバリ仕事ができそうなキャリアウーマンが! 普段あまりカチっとした格好をしないせいか、意外とコレがメンバーの好評価を集める。おべんちゃらなのはわかりつつも、ついその気にさせられ即決。450元スタートだったが、拝み倒して安くしてもらう。ちなみに今回値切り過ぎたため、値段は口外しないと約束させられてしまった…(ごめんなさい)。ついでに紳士用スーツの値段を尋ねると、上下で800元。しかし、向かいの店では550元だったよ! と強気で交渉すると、ワイシャツ付きの3点セットにしてくれた。

こんな服が着たい! を叶えてくれるオーダー服。ローカルでお安くゲットしてみては?

feature-v4-1

(アクセス)
住:陸家浜路399号
電:6377-2236
営:9時~18時半
最寄り駅は軌道交通4号線「南浦大橋」駅

feature-v5

 コスプレ願望開花! 

布市場ではドレスを断念した取材班。しかし、やっぱりお姫様みたいなドレスや民族衣装には憧れがあるわけで…。レンタル衣装なら、お安くかつ気軽に試せるはず! ということで、ローカルのレンタル衣装屋さんにお邪魔してきました。

こちらのショップ、マンション内に入っているため、非常にわかりにくい。取材班も管理室のおばちゃんに案内してもらい、やっとこさ到着(笑)。こんな所にあるのか…と少し不安になったものの、部屋いっぱいの衣装を見て思わずワ~オ!

目の前には、ピンクやターコイズブルーの色鮮やかなカクテルドレス、赤が効いた民族衣装、さらにはマリオやスパイダーマンといったコスプレ衣装がズラリ! ショボかったら…なんて思ってごめんなさい。

10月末には、ハロウィンの衣装をレンタルする欧米人で賑わうのだとか。お値段は「2泊3日」で80元、これにデポジットが+200元となる。衣装にはそれぞれ扇子や帽子、冠などが付いており、これもセットで1着と数える。

今回は、取材という大義名分を利用し、とっかえひっかえ衣装に袖を通す。さらにここぞとばかりに、幼稚園の頃お絵描き帳に描いたお姫様のドレスにまで手を出す取材班。レンタル衣装店なので、メイクは自分でしなければならないが、これは本当に楽しい。

今年のハロウィンはドラキュラでキマリ♪ と早くも計画を練るのだった。

feature-v5-1

(アクセス)
住:古宜路99弄宜徳苑10号楼1702室
電:6487-1436
営:9時~21時
最寄り駅は軌道交通3・4・9号線「宜山路」駅

feature-v6

即席変身写真館

最近巷で人気のフォトスタジオ。しかし半日がかり、お値段も300~2000元とちょっと敷居が高い…という声もチラホラ耳にする。ということで探して来ました即席写真館。

このフォトスタジオ「大新照相館」は、向かいにある「上海灘」の姉妹店で、1914年創業の老舗写真館。カラー印刷技術がない時代に、絵画の着色技術を用いてカラー写真を提供し、一世を風靡したそう。壁には著名人の写真もチラホラ…これは期待できるぞ!

階段で3階へ上がると、老上海の雰囲気漂うセットが。カラーかモノクロか聞かれ、衣装棚から衣装をチョイス。1人用の更衣室で着替えを済ませ、撮影開始。的確なポーズ指導が入り、「自然な笑顔で」、「歯を見せて」ととてもスムーズ。人力車に乗ったり、蓄音機の横でキセルをふかしたりなど、ポーズを決めるうちに気分は女優♪ 最後に、パソコンの画面で気に入った写真を選んだら、印刷を待つのみ。所要時間は30分ほど。

料金は「6寸(15・2㌢×10・2㌢)」(額装込み)で1枚30元、これに衣装1着につき10元を加算。衣装はほかに、ミリタリー服や長袍、マフィアのボスなどがある。写真加工も無料。

100年の老舗だけあって、撮影技術はお墨付き。そして、まんまと営業トークに乗せられ、厚めの板に写真を貼り付けた「水晶仕様」(90元/枚)を購入する取材班なのだった。

feature-v6-1

(アクセス)
住:文昌路1号
電:2302-9463
営:8時半~21時
(金・土曜は~22時)
最寄り駅は軌道交通10号線「豫園」駅

 

~上海ジャピオン2014年8月22日号

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP