上海ジャピオンの特集 記事

本場のちまきを食す①

端午の節句にちまきを食べよう


 中国では古代より、旧暦の5月5日(端午節)に「粽子」(ちまき)を食べる習慣が受け継がれている。この習慣は、中国の故事に由来する。
 紀元前277年、楚の国の政治家(詩人でもあった)・屈源が失脚し、祖国に殉じて5月5日、河に身を投じた。屈源の死を悼む村民たちは、供養のために米を笹の葉に包んで河に流した。これが「粽子」の始まりといわれ、毎年この日にちまきを食べるようになった。のちにこの行為は、邪気を払う風習として習慣化した。
 端午節が近づくと、中国各地で、街中の食品店やスーパーなどが集中的にちまきを売り出す。今年の端午節は新暦の5月31日。上海の街でもすでに、ちまきの「専柜」(専用売り場)が食品店の店頭を賑わし、スーパーには真空パックや冷凍のちまきが並び始めている。

 上海の「専柜」のほとんどを占めるのが、ちまきブランドとして全国的に有名な「五芳齋粽子」のちまきだ。ちまき発祥の地である浙江省嘉興市に生産工場を持つ。同社の上海支社経理の呉大興さんは、「端午節の約1ヵ月前から、上海市内約50ヵ所にある専用売り場では、ちまきを買い求める人の列が途絶えなくなります。それに合わせるように、嘉興市の生産工場では、端午節の約2ヵ月前から通常の作業時間1日8時間を1日12時間に延長し、約1ヵ月前からは昼と夜のシフト制をとり、24時間体制で生産作業にあたっています」と話す。
 嘉興から車で約30分のところにある水郷古鎮・西塘でも、この時期になると、ちまきの生産に変化が表れる。西塘のちまきとしては、個人経営者が作っている1口サイズのちまきが主流だ。しかし、端午節が近づくと、一般的なサイズのちまきも、1口サイズのものと同様に多く作られるようになる。
 端午節には是非、中国本場でちまきを味わってみよう。

~上海ジャピオン4月28日・5月5日合併号より

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。